国境離島の暮らしCH powered by 「日本の国境に行こう!!」プロジェクト推進事務局

日本には、北海道、本州、四国、九州、沖縄本島のほか、周囲が100m以上ある離島だけでも約6,800島あり、小さなものまで入れると、なんと数万もあると言われています。これらの中には、四方を海に囲まれた島国日本をカタチづくる国境離島が500以上あります。その中で、有人国境離島法に基づいて指定されている、29地域148島の「国境離島」で暮らす100人の方をご紹介します。

なぜ離島での暮らしを選んだのか。日本の原風景が残される島で生きるとは、どんな感覚なのか。気になった方は、ぜひ国境の離島に足を運んでみてください。
WEBサイト「日本の国境に行こう!!」

インタビュー記事

対馬のヒノキで作る、オーダーメイド家具。
飾らず、気取らず、それでも計画的に生きる。

故郷の離島で感じる不便さと不平等。
豊かな素材が揃う島で若者の力を活かす。

力を合わせて、安定した漁業経営を目指す。
漁と加工、どちらもやるから見えること。

花と海と自然に囲まれて生きる!
旅する私がたどり着いた島、礼文島。

自分の裁量で自由に暮らしたい。
命をかけて飯を食う漁師の生き様。

商店街からエネルギーを生み出す。
利尻島を子どもが胸を張れる故郷に。

ずっと憧れていた飲食店開業へ。
競馬しか知らない日々を変えたもの。

地域の中から、価値あるものを伝えたい。
多様な生き方に出会える場所を目指して。

大自然に囲まれた島、知夫里島。
子育てをするのに最高な環境。

放牧するには天国のような場所、知夫里。
人口600人の島で暮らし続けるために。

経営者として社員を食べさせ続ける。
土木から畜産に進出した理由とは。

子育てのため、島に移住。
願うのは、大きな心を持ち育つことだけ。

見つめ続けた自然との付き合い方。
自然の魅力を伝えることが、自然保護に繋がる。

新しい刺激をどんどん与えて、成長し続けたい。
ワークライフバランスと地域交流のある暮らし。

230年前の歴史と今を繋ぐ郷土芸能。
過酷な島で生きる意味。

八丈島の大自然と、作り手の顔が見える乳業を。
離島で酪農ができると証明するために。

生きる本質は、楽しむこと。
アラスカとアフリカが教えてくれた大切なこと。

よそ者だからこそ見える島の魅力を伝えたい。
小値賀の未来を守るために。

小値賀住民は全員友達。
小値賀好きを増やして、島の未来を築く。

祖父母の眠る宇久島に恩を返したい。
アクアリウム業界の光となる新たな挑戦。

東京をはなれ、運命を信じて佐渡島へ。
外から来た「旅んもん」だからできること。

自分の体を作っているのは食べもの。
後悔しないため、未経験の農業にチャレンジ。

守られている安心感と精神的な自由。
震災で気づいた、つながりを大切にする生き方。

新しいことって面白いと感じてほしい。
島が一つになる、地域活性の新しいカタチを。

人生には、好きだけじゃない大事なものがある。
壱岐島の海女として暮らす理由。

「食」の道を歩み続けた、栄養士。
地域おこし協力隊として、壱岐に嫁ぐ。

頂いた命をきちんと生かしたい。
屋久島の人と自然が共生し続けるために。

震災を通して見つめ直した生き方。
物質的ではない、幸せな暮らしとは?

自然の中で暮らしたい。
充実した仕事を辞めて移り住んだ島での日々。

好きなことを仕事にする。
自分らしい幸せを叶え続けるために。

お金より大切にするものがある。
種子島で目指す、家族の「心のふるさと」

サーフィンに魅せられて離島へ。
都会では実現出来ない理想の暮らし方。

なんにもない場所でゼロからのスタート。
種子島をそのまま感じる、手作りの宿。

見島唯一の診療所で働く看護師。
離島医療の最前線で奮闘し続ける。

子どもの頃の夢が叶うのが、種子島の魅力。
導かれるようにたどり着いた場所で生きる。

島の伝統や文化を守っていきたい。
一度離れて見えた島の魅力と島に対する使命。

対馬を世界中に誇れる島にしたい。
16年間島外で暮らしたからこそ感じる魅力。

海洋物理研究者から漁業の現場へ。
持続可能な水産業の実現を目指して。

人よりもちょっと得意なことで誰かの役に立つ。
相談者をよりよい未来へと導く、鳥の目として。

ゆったり、何もしないことも許される島が好き。
次の世代のためにできることを。

よそ者だからこそできること。
島人が島を大好きになるための、きっかけ作り。

甑島のエコツーリズムを推進したい!
元エンジニアの私が故郷で胸に抱く意欲。

島にある“大切な風景”を失くさないために。
ヒト・モノ・場所をリデザインする。

<<チャンネル開設に関して問い合わせる>>