子どもと一緒にいる時間を作るため独立。
「ただいま」と言って入れる居酒屋を。

佐藤 恵子さん/居酒屋経営

はてぶ

北海道の奥尻島で大衆酒場を運営する佐藤さん。憧れの都会で暮らしていたにもかかわらず、なぜ地元で飲食店を始めることにしたのか。背景を伺いました。

島の外に出て、料理人になりたい

北海道の離島、奥尻島で生まれました。長女で、弟が一人います。母が商店をやっていたので、小さい頃からよく店番を手伝っていました。店番をすれば、商売で忙しい母と一緒に入られるので、それが嬉しかったのかもしれません。

性格は明るかったのですが、おっちょこちょいで、何もないところで転ぶような子どもでしたね。加えて、体が丈夫ではありませんでした。奥尻の病院には小児科の専門医がいなかったので、島外の病院まで通っていたのですが、両親は忙しくて仕事を休めません。そのため、小学校高学年になる頃には、飛行機にひとりで乗って、函館や札幌まで行くようになりました。都会は賑やかで楽しかったですね。高校を卒業したら、島を出ようと決めました。

また、卒業後は調理師学校に進みたいと思っていました。奥尻では、幼稚園から高校卒業まで給食がないので、学校にお弁当を持っていきます。ある時、お弁当箱を開けた瞬間の彩りが足りないと思って、母に「緑のものを入れてよ」と言い始めたことをきっかけに、自分でお弁当詰めをするようになりました。次第に、料理もするようになり、家族が喜んで食べてくれることに味をしめて、将来は料理人になりたいと思ったんです。

都会での生活は合わなかった

シェアして応援