山口県萩市の離島、見島で生まれました。実家は農家で、米と見島牛を育てています。見島牛は国の天然記念物に指定された純血和種で、見島の宝といえるような存在です。ただ、牛を飼うのは本当に大変で、小さい頃から牛の餌やりなどを手伝っていました。

僕は一人っ子ですが、家業を継いで欲しいと親から言われることはありませんでした。自分が家を継ぐとはあまり意識せず、いずれはそうなるのかな、くらいの感覚でしたね。

遊びは外で野球をやったりすることが多かったです。島での一番の楽しみは釣りだったりするんですが、僕はあまりしなかったですね。どちらかというと、内向的で大人しい性格でした。

見島には高校がないので、中学卒業後は萩市に出て、下宿しながら高校に通いました。最初は生活に慣れるのに精一杯でした。見島では同級生は20人くらいだったのに、高校は40人クラスが6クラスもあって、人数の多い雰囲気に慣れるまで時間がかかりました。寂しい思いもしましたけど、同じ島の同級生も何人かいたのですぐに慣れて、高校生活は楽しめましたね。

高校を卒業する頃は特になりたい職業や目標もなかったので、とりあえず大学に行こうと思い、広島の大学に進学しました。都会での生活に憧れがあって、もっと都会な場所に行きたいというのもありました。