島にある“大切な風景”を失くさないために。
ヒト・モノ・場所をリデザインする。

山下 賢太さん/今の時代に適したまちづくり

はてぶ

鹿児島にある離島「甑(コシキ)島」にて、豆腐屋を営みながら、今の時代に適したまちづくりに取り組む山下さん。山下さんが残したい風景・暮らしとはどんなものなのでしょうか。お話を伺いました。

やんちゃ盛りだった少年時代

鹿児島県の離島、上甑島(かみこしきしま)最北端の里村で生まれ育ちました。人口2000人ほどの小さな島です。

4人兄弟の長男として育った僕は、小さい頃「今どき流行らん子」と呼ばれていました。田んぼを泳ぎまくるような、島でも変わり者の子どもだったんです。田舎の子でも今どきなかなかいないですよね、そんな子。周りの子たちがゲームやスポーツで遊ぶ中、僕は祖父母が持つ小さな田んぼや畑で遊んでいましたね。

元気のいい子どもでしたが、小柄なことにコンプレックスを感じていました。いじめを受けたとかではないんですけど、自分の中で気にしていたんですね。体が小さいことに対して前向きに考えられるようになったのは、競馬のジョッキーという仕事を知ってから。小学5年生のとき、天才ジョッキー福永洋一さんのドキュメンタリー番組を見たんです。

落馬して半身不随になり、そこからリハビリを必死に行う姿が映し出されていて、僕はその映像に釘付けになりました。番組では奥さんのインタビューも収録されていて、ジョッキーを支える家族の覚悟にも驚きました。万が一の事故があって大怪我をすることも想定しながら一緒にやって、それさえも乗り越えていける想いがある。人にそこまで大きな影響を与えるジョッキーやその家族は、どんな世界を見ているのか。僕も同じフィールドに立てたら嬉しい。そう考えて、将来ジョッキーになることを決めました。

ジョッキーは体重制限があって、小さい体だからこそできる仕事。小さいことは強みだと考えられるようになりましたね。

1グラムとの戦い

シェアして応援