ベンチャー女優が挑戦するエンターテイメント。
「全てを失った一日」を越えて目指すもの。

寺田 有希さん/ベンチャー女優

はてぶ

「ベンチャー女優」として、フリーランスで女優・タレント・歌手業を幅広くこなす寺田さん。中学3年生で芸能界に入って以来、順風満帆の躍進を遂げながらも、自信が鎧となり大きな挫折を経験。それでもエンターテイメントに関わり続けると決めた背景にはどんな覚悟があったのか?お話を伺いました。

ステージに憧れて15歳で芸能界へ

私は大阪府堺市に生まれ、幼稚園の頃から人前に立つことに憧れを抱いて育ちました。小さい頃からピアノを習っていたのですが、大舞台でも怯まない性格で、発表会では緊張しながらも、練習だと失敗していた箇所が何故か弾けるようになったこともあり、「私はステージに立つことが向いているのかな?」とぼんやり感じていたんです。特に、SPEEDやモーニング娘。などの全盛期だったこともあり、キラキラした世界に憧れ、小学校の卒業文集にも将来は歌手やアイドルになりたいと書きました。ただ、田舎の学校ということもあり、周りにはバカにされると思い、それ以降はあまり友達に話すことが無くなっていきました。

その後、中学生になると、ちょうど公開オーディションを行うTV番組が流行りだし、私自身受験資格を満たす年齢になりました。しかし、中学では陸上部に所属し、ひたすら部活に打ち込んでいたため、特別行動を起こすことも無く過ぎていきました。

すると、中学3年生の春、芸能事務所主催の大規模なオーディションの告知をTVで見て、母や姉から受かるんじゃないかと言われ、応募を薦められたんです。芸能界に憧れを抱いていることは話していなかったものの、バレていたのかもしれません。

ところが、結果は不合格。受かる人は一回で受かるだろうから、他にも何個も受けようとは思わず、「私は無理なんだろうな」という感覚でした。ただ、そのすぐ後に他の事務所主催のオーディションの募集が始まると、再び姉から「あんたはこっちのほうが向いていそうだから、受けてみなよ」と言われたんです。正直、一度他で落ちているので、応募するかとても迷いました。その年は書類審査が無かったので、悩み続けた結果、行くだけ行ってみようと決めたのは本番前日の深夜でした。

しかし、実際に参加してみると、今度は順調に選考を通過し、決勝大会に進むことができたんです。それでも、結果的には再び賞を取れずに落選。「なんだ、今回もダメなんじゃないか、もう普通に受験をしよう」と感じましたね。それからは、いい高校に通って大学に進学して、少し興味のあった薬剤師になってという理想を描き受験勉強を始めました。

そんな風に気持ちを切り替えて過ごしていたある時、先のオーディションの主催事務所の方から連絡があり、選考には落ちたものの、事務所に所属し、TVのアイドル番組にレギュラー出演しないかというお誘いをいただいたんです。そのような連絡をいただいたことに驚きましたし、アイドルとして活動していくことへの迷いもありました。ただ、せっかく声をかけてもらったのだし、とりあえずやってみようと挑戦を決めたんです。

順風満帆な芸能生活でまとった「自信の鎧」

シェアして応援