出生地は東京の六本木ですが、1歳になる頃に伊豆大島に引越して、その後も、日野市、小笠原の父島、八丈島と、色んな場所で暮らしてきました。

人としゃべるのが得意な子どもではなかったのですが、小学2年生で父島に転校した時はすぐに友達ができました。島の子どもたちが、外から来た僕にすごく興味を持ってくれたんです。島の色んなところに連れていってくれて、すぐに仲良くなれました。

父島では、毎日海で遊んでいました。特に灯台からの飛び込みですね。飛び込んであがって飛び込んであがって、ってひたすら続けてました。島の子どもにとって、どういう技で飛び込めるかがステイタスなんですよ。勉強ができるより足が速いより、飛び込みが上手い子が一番モテるんです(笑)。

両親は2人とも海が大好きだったので、毎週末のようにイルカと一緒に泳いだり、シーカヤックで誰も行かないような浜に行ってタコをとって食べたりしていました。リアルな自然の中で遊んでいましたね。

小学6年生で八丈島に引越した時、2000年の三宅島噴火で八丈島に避難してきた子と親友になりました。三宅島の避難解除後、その子について三宅島に遊びに行ったんですが、一番印象に残ったのは噴火による景色でしたね。特に枯れた木。こんな木があるんだ、自然ってすげーって。地面も枯れてちりちりとした感じで衝撃でした。八丈島には無い景色が広がっていて、これはすごいなって単純に思いました。

高校生の時に「ドリームプロジェクト」という、伊豆諸島の大島、新島、神津島、三宅島、八丈島の高校生たちが、島の将来を考えるイベントの企画に参加しました。三宅島にも小笠原にも友達がいたので、絶対にやりたいと思ったんです。

島の魅力を発信する企画を立てて、自分たちでお金を集めてくるという内容で、僕は八丈島のメンバーの取りまとめ役をやりました。この時に、伊豆諸島の高校生の「壁」がなくなるのを感じましたね。

企画自体はずっと続く仕組みにはできなかったんですが、そのイベントのおかげで島の高校生同士が壁を越えてつながったんです。その感覚がすごく面白かったですね。