茨城県の田舎の方で生まれました。お姉ちゃんと弟に挟まれた3人兄弟の真ん中で、気が強くて元気な姉の後ろを追いかけるような性格でした。両親は割と自由にのびのびと育ててくれました。姉が厳しくしつけられたせいで一度グレてしまったので、その反動で私のことは放任してくれたんです。ある意味ラッキーでしたね。

小学校6年生の頃から、ロックバンドのファンになりました。友達と深夜の音楽番組を見ながら「カッコいいね!」なんて騒いでる程度だったんですけど、どんどんハマっていって。ラジオとかCDをラジカセに録音して、何度も聞いてました。

中学高校時代も一番の興味は音楽で、自分でも楽器に挑戦してみたんですが、全くダメでしたね。それからは聴く方に専念して、親の目を盗んで田舎のクラブに行ったり、結構やんちゃしてました。

高校3年生になって進路を選ぶときは、東京に出ることしか考えられませんでした。地元の憧れの先輩たちがみんな東京に行ってたので、単純に憧れですね。

しかし、東京の学校に進学したいと親に言ってみたら「冗談じゃない!」と言われてしまいました。3年間遊んでばかりの娘にお金は出せません、と。軽い気持ちで言っただけなので、大して反発することもなく、じゃあ就職しようと切り替えました。

それで、高校卒業後はデパートの洋服売り場の販売員になり、東京で暮らし始めました。寮がある会社に入るというのが親からの条件で、その会社は寮があったから入社しました。