見島唯一の診療所で働く看護師。
離島医療の最前線で奮闘し続ける。

天賀 友紀さん/離島の看護師

はてぶ

幼いころから、ずっと看護師を志していた天賀さん。一時は介護士を目指すも、看護の道へと進みました。現在は、出身地である見島の診療所で看護師として働いています。そんな天賀さんに、これまでの半生と、離島医療の最前線の現状をうかがいました。

家族の影響で看護師を夢見る

山口県萩市の離島、見島で生まれ育ちました。母も父も元々島の人です。小さい頃はすごく地味で、根暗で無口、運動もできなくて、いじめの対象になるような子どもでした。漫画と小説ばかり読んでいて、本だけが友達でした。

母は看護師で、父は市役所に勤めていました。だから、急患があって自衛隊ヘリを飛ばすとなると、父と母が両方いなくなるんです。後日、助かった人がお礼に来ることもしょっちゅうでした。そういうのを見ていて、小学生になる前から、私もだれかを助けられたらいいなと思うようになりました。

私が小学6年生から中学2年生だった3年間、弟は市外の病院で入院していました。そこで看護師や患者の方と関わることが多くて、だんだん夢が現実味を帯びてきました。

特に印象的だった出来事として、患者さんが折った折り紙があります。中学校1年か2年生のとき、折り紙で丸い花を作ろうとしたんですけど、私には作り方が全然わかりませんでした。すると、弟の入院先にいた知的障害者の方が、全部教えてくれたんです。そのとき、なんて素晴らしいんだろうって思ったんです。

私の方が、多分その人より勉強はできるんですけど、この人は、私ができないことができる。私の方ができることもあるけど、彼・彼女たちは、私よりも何倍もすごいことができるんです。それに気づいて、すごく感動したんです。

その経験もあって、医療に関わりたい、看護師になりたいと本格的に思いはじめました。ただ、勉強が苦手で、クラスメイト12人のうちの最下位争いをしている状況。看護師になるのは難しいと感じている時、介護福祉士ならなれるんじゃないかなって思いました。ちょうど介護福祉科の高校に推薦で入れそうだったんです。それで、介護福祉士になるため、山口市の高校へ進学しました。

福祉の道から看護の道へ

シェアして応援