香川県の瀬戸内海に浮かぶ周囲20kmの小さな島・広島の出身です。実家は石材採掘業を行っており、子どもの頃から「いつかは石屋さんの跡を継ぐんだろうなあ」という思いの中で、10代の頃から都会への憧れがありました。

そこで、高校卒業後は東京にあるスポーツジムのインストラクター養成専門学校に進みました。従兄弟がその学校に通っていた時に見に行ったことがあって、ひたむきにトレーニングに打ち込んでいる学生の姿がとてもかっこよく、自分もそこに行きたいと思ったんです。

入学してからはライフセービングのクラブチームに入りました。そこで知り合った恩師からライフセービングとは何かを教わりましたね。熱い気持ちを持ち、仲間とトレーニングする日々は最高の青春でした。

いつの日かライフセービングの本場、オーストラリアに行ってたくさんの事を学び、ライセンスを取得して更なる自分に挑戦したい。そんな目標がありました。ですが、諸事情で専門学校を1年で退学することになり、これまで学んだことを実践で生かそうと思いスポーツクラブで働き始めました。

社会人としてたくさんのことを学び経験させていただく、充実した日々でした。しかし、オーストラリアに行く目標は未だ諦められませんでした。結局、その仕事を2年ほど続けた後、実家に戻りお金を貯めてオーストラリアに行こうと思い、帰省しました。