北海道の離島、利尻島で生まれました。人口は5000人程度ですが、島内は利尻町と利尻富士町という二つの行政区に分かれています。僕は利尻富士町鴛泊で生まれて、小学6年生の時に利尻富士町鬼脇に引っ越しました。父は利尻富士町役場の職員でした。

父の口癖は「考えろ」でした。家で小屋を建てたり屋根の修理をしたりするとき、手伝いをするんですけど、必要だろうなと思って大工道具を持っていっても何も言わないんですよね。違う道具を持っていくと黙って道具を下に放られて。何度も繰り返して、やっと正しい道具を持っていくと、無言で作業を始めるんです。

とにかく厳しい親父でした。常に自分で考えるように言われ、指示を待つような人間には育てられませんでした。

小さい頃は人とつるむのがあまり好きではなくて、一人で海岸をフラフラしているような子どもでしたね。仲間と一緒に何かをやる面白さを覚えたのは、小学3年生でサッカーを始めてからでした。

サッカーは、恩師の先生のお陰でどんどんのめり込みました。先生には、練習中におもいっきり怒られたことがあります。その日、先生の家に招かれて、ご飯を食べたり、一緒にお風呂に入ったりしながら、先生のサッカーに対する思いを聞かされました。

怒られて腹を立てていたはずなのに、何歳になってもサッカーが好きで関わり続けている先生の気持ちを聞いている中に、すごく感動していました。完全に先生の術にハマってしまった感じです。

それからサッカーにどんどんのめり込み、利尻島内の大会で優勝することができました。キャプテンをやっていたので、チームを作り上げていく感覚が最高でしたね。仲間と一緒に何かを達成する気持ちよさが忘れられませんでした。

高校生になってもサッカーは続け、キャプテンに就任し、名寄大会で優勝し、北海道大会に出場しました。また、バンドもやり、全国のラジオ番組に出たり、札幌で弾き語りライブもしました。ただ、音楽では食っていけないのは分かっていましたし、将来は安定した仕事に就きたいと思って、公務員を目指しました。父も兄も公務員でしたから。安定した収入を得て、平凡な人生を送ろうと思いましたね。