よそ者だからこそできること。
島人が島を大好きになるための、きっかけ作り。

福崎 智子さん/甑島の観光案内業務

はてぶ

鹿児島県の甑島(こしきしま)で地域活性化事業に携わる福崎智子さん。京都、アルゼンチン、滋賀と暮らした中で、「人との近さが心地良い」と現在の暮らしを選んだ福崎さんに、お話を伺いました。

きっかけはベトナム戦争の写真

京都府八幡市で生まれました。「智子はおてんばで我が強い女の子だった」と母から聞いています。好き嫌いがはっきりしていて、興味のないことは何もしない。学校の通知表を見れば1から5まで評価がばらばらで、何が得意で何が苦手かすぐに分かるような子どもだったそうです。

両親は共働きで忙しかったので、小さい頃から用事を頼まれることが多くありました。ある時、親の手伝いで銀行に行くことがあり、待合席に置いてあった女性誌を何気なく手に取って読んでみました。雑誌を開くと、目に飛び込んできたのは下半身が繋がった結合双生児、ベトちゃんドクちゃんの写真。「なんだこれ」と強い衝撃を受けました。帰宅してすぐに「こんな写真があった!ベトナム戦争って何?」と母に聞くと「ベトナムとアメリカの間で行われた長い戦争だよ」と簡単に教えてくれました。

その1週間後、母は本多勝一さんの『戦場の村』という、ベトナム戦争について書かれた本を買ってきてくれました。内容が難しくて分からない部分もあったけれど、戦争の衝撃的な話がたくさん書いてあり、この戦争は何なのか、ベトナムってどんなところなのかと興味が湧いてきました。

それから、高校を卒業するまでベトナムに夢中でした。最初は戦争に関連することを調べていたのですが、次第に興味の幅が広がっていき、ベトナムの文化や歴史、景色のことまで知りたくなり、止まらなくなりました。

ベトナムで活動する戦場カメラマンの方に手紙を書いたこともあります。自分が知りたいことをたくさん手紙に書いて送ると、しっかりとした返事を書いてくれて。勉強したい気持ちはますます大きくなっていきました。同時に、将来は新聞記者になりたいと考え始めていました。

言葉が通じない、そんな状況が楽しい

シェアして応援