another life.最新イベント情報はこちら!
  1. >
  2. >

世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける。
エンジニアとして社会で表現したいこと。

浜本 階生さん/ニュースアプリ「SmartNews」の開発

はてぶ

「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」というミッションを掲げ、ニュースアプリの開発・運営を行う、スマートニュース株式会社代表取締役の浜本さん。ゲーム好きの小学生時代に出会ったプログラミングは、人生にどんな影響を与えたのか?お話を伺いました。

社会に対する自己表現としてプログラミングに熱中していく

私は栃木県宇都宮市で生まれました。内向的な性格で、自分が何を考えているかを人に伝えることが苦手でした。外でハツラツと遊ぶ子どもではなく、テレビゲームが大好きで、どうやって動いているのか興味を持ち、自らゲームブックやカードゲームを作ったりもしていましたね。

そして、小学3年生の時にプログラミングと初めて出会い、中学生になってからは技術の教科書を見て、自分でもコードを書くようになったんです。休み時間も放課後もパソコン室にこもっていました。

ゲームを作ってみんなに遊んでもらうと、プログラミングが持つ表現手段としての可能性の大きさを実感しましたね。自分で音楽を作り、グラフィックを描き、シナリオを構成し、それらをプログラムで結んでいくことで、ゲームという小さな世界の中であるものの、自分が思った通りの表現をすることができたんです。

また、表現したものが、周囲にインパクトを生んでいくのも印象的でした。プログラムは簡単にコピーできるので、気づけば学校中のパソコンに私が作ったゲームがインストールされ、休み時間になるとみんなが遊んでいたんです。今まで自己表現することが苦手だった私にとっては、強烈な体験でしたね。

プログラミングコンテストにも出るようになり、高校生になると、ゲームだけでなく、パソコンを便利に使うためのユーティリティツールも作るようになりました。プログラムをインターネット上で公開すると、数千、数万とダウンロードされ、その伝播力には驚きました。

そして、将来もプログラムでもの作りをしたいと考え、東京工業大学の情報工学科に進学しました。

仕事としてプログラミングに取り組むことで、自分の実力を知る