1. >
  2. >

覚悟を持てば仕事は楽しくなる。
コンサルタントとして医療業界にできること。

岩渕 龍正さん/歯科専門のコンサルティング

はてぶ

歯科医院向けのコンサルティングを専門で行う「経営戦略研究所」の代表取締役を務める岩渕さん。新卒で大手コンサルティング会社に入社。事務仕事の山に耐えられず、2年目で会社を辞めようと思った時に訪れた、考え方の転機とは。お話を伺いました。

自分の足で立てる生き方を

私は神奈川県横須賀市で生まれました。小学生の頃から高校卒業までは、剣道を続けていました。父に「一度始めたものを途中で投げ出してはダメだ」と言われていたので、途中からは嫌々でしたけどね。それでも、手ぬぐいに書かれていた「忍耐」「努力」「向上心」の言葉が好きで、自ずとその考え方は身につきました。

ある時、父が中小企業診断士の資格を取り、会社を辞めてコンサルタントとして独立しました。「会社に依存するのではなく、自分の力で仕事をできる人になれ」と言われて育ち、私もそんな生き方をしたいと思っていました。ただ、独立しようとは考えておらず、サラリーマンとして個人の力をつけたいと考えていました。

大学では、将来の仕事に役に立つことを勉強したいと考え、経営学部に入りました。中でも、マーケティングにのめり込みました。企業の考え方を知れることや、マーケティングの概念が面白かったんです。

また、マーケティングを教えてくれる先生にも惹かれました。先生は、私の通う大学で講師をしながら、他大学でも教授をしたり、企業のアドバイザーをしたりしていました。大学に属さず、自分の道を歩む。その生き方に惹かれたんです。大手証券会社の倒産のニュースが世間を騒がせていたこととも相まって、どこに行っても通用する力をつけなければと、一層強く感じましたね。

就職活動では、「力をつける」ことを軸にしつつ、大学時代に学んだマーケティングを活かせる仕事を探しました。大手の総合職では、どこの部署に配属されるか分からず、希望が通らない可能性がある。そこで、最終的には、専門的な仕事ができる大手経営コンサルティング会社へ就職しました。

2年目で仕事を辞めることに