私は山梨県で生まれ育ちました。小さな頃から好奇心旺盛で、習い事をたくさんしていました。水泳、ピアノ、絵画、新体操、その他にも数えられないくらいの教室に通っていて、毎日習い事をはしごするような生活でしたね。

ただ、それぞれ忙しくなり、並行が難しくなってきたので、先生が一番優しかったピアノに集中することにしたんです。また、仲良くしてもらっていた1歳年上の近所のお姉さんが「音大を目指す」と言っていたので、私も音大を目指すことにしました。正直、ピアノがやりたいというよりも、勉強が嫌いだったので、そっちに飛びついたんですよね。

父は地元で先祖代々のスーパーを経営していて、親戚もみんな地元の同じ進学校出身。私も本来はその高校に行くことを期待されていましたが、音大に行く目標があったので、ピアノの練習に時間を充てられるようにと、家から一番近い高校に通うことも許してもらえました。ただ、ピアノも真面目に取り組んではいなくて、友達と遊んでばかりいるような生活を送っていました。

そんな高校2年生の夏、音大を目指す人のための夏期講習に行った時、周りの必死さに圧倒されてしまいました。あたりまえですが、みんなガチなんですよね。それまで、私は勉強から逃げるため、「将来はピアノの先生になりたいかな」とぼんやり考えている程度でしたが、今まで遊ばせてもらったし、さすがにちゃんとやらなきゃと思い始めて、3年生になってからは必死に受験対策に取り組むようになりました。

そして、指から血が出るほどピアノの練習をしましたし、勉強も友達と競い合うように始めました。