東京都江東区で生まれました。幼稚園生の頃から、工作が大好きでした。友達が少なく、人付き合いがあまり得意ではなかったからです。小学校に上がってからも、放課後は友達と遊ぶより一人で何かをよく作っていました。

特に、「シルバニアファミリー」というドールハウスが好きでした。ミニチュアで遊んだり、粘土で家具を模写してみたりしましたね。変な実験も好きで、色紙を水に漬けてひたすら観察する。そんなこともしていました。おかげで手先が器用になった気がします。

中学からは越境して、別の学区の学校に通いました。それまでとは打って変わって、活発な性格になりました。テニス部に入り、友達とよく遊ぶ、まるで別人のようでした。

中学の友達は、引っ込み思案だった頃の私を全く知らないので、自分を出せるようになったんだと思います。テストでも良い点数を取ったりするとさらに自信がついて、「あれもやってみよう、これもやってみよう」とアクティブになりました。

高校では、姉の影響でチアダンスを始めました。姉は、チアダンスの全国大会で優勝するほどの実力。大会で踊る姿がカッコいいと思ったんです。競技志向の部活で、毎日汗と涙を流しながら過ごしました。練習の後は、Tシャツが絞れるくらいでした。

楽しいというよりも、もう必死でしたね。大会当日の、3分間のために365日の練習を積み重ねる。とにかく目の前のことを必死にやる。そんな感じでした。努力の結果、10人以下のスモールチームで全国優勝することができた時は、本当に嬉しかったですね。