僕は千葉県船橋市で生まれました。父も姉もスポーツをやっていて、僕も小さな頃から運動が得意でした。そして、小学校3年生の時、Jリーグ設立と同じ年にサッカーを始めたんです。すぐに夢中になり、プロ選手を目指すようになりましたね。

そして、選手としても活躍するようになり、中学校に上がるときには、柏レイソルJr.ユースに入ることができました。ところが、何をやっても周りに勝てないし、練習にもついていけなくなってしまったんです。初めての挫折でした。

こんなにできないのなら、サッカーを辞めてしまおうかとも思いました。しかし、負けず嫌いだった僕は、諦めることはできませんでした。ただ、このままでは負け続けるだけなので、ユースチームは辞めて中学校の部活でサッカーをすることにしました。みんなとは別の方法で追い抜こうと考えていたんです。今は負けているけど、高校に入るときは名門の市立船橋高校に入って、絶対に見返してやると。

中学の部活は指導者がいなかったので、練習メニューを全て自分で考える環境でした。自分で考えることは好きだったので、ひたすら何が足りていないか考え、色々な練習をしていましたね。ただ、僕には考える力が足りなかったこともあり、どれだけ練習してもトップ選手とのレベル差は縮まりませんでした。

それでも挑戦したいとは考え、市立船橋高校に進むことにしました。しかし、実際に高校の部活の環境に飛び込んでみても通用しませんでした。中学時代までスターだった選手が集まるのですが、それでも1時間も練習したら入部を諦めるような過酷な環境。そんな中では、僕の実力ではやっぱり通用しなかったんです。

ただ、中学時代にユースを辞めたことに後悔もあったので、今度は逃げない、プライドを捨てて食らいついていこうと考えていました。多くの部員が「ふるい落とし」の合宿などで辞める中、どんなに大変でも諦めず、努力だけは怠らないようにしました。