another life.最新イベント情報はこちら!
  1. >
  2. >

時代に求められるライフスタイルのかくめい。
旅を続けた僕の後悔しない人生とは。

鯉谷 ヨシヒロさん/新しいライフスタイルの提案

はてぶ

新しいライフスタイルを提案する「かくめい」プロジェクト発起人の鯉谷さん。大学卒業後、世界中を周り「旅をするのが日常」という生活を送り続けて実感した、社会が求めているライフスタイルとは?鯉谷さんにお話を伺いました。

社会に興味を持てず、見たこともないものを求めて旅に出る

僕は大阪で生まれました。小さい頃から1つのことにのめり込む性格で、小学校の時にはRPGゲームを授業中にノートに書いて、10分の休み時間で仲間で、机を囲んで遊ぶようなことをしていました。

親から就職するために大学位は出ておくようにと言われていたので、大学には通っていましたが、特に将来やりたいことなんてありませんでしたね。そもそも社会に興味がなかったんです。周りの友達が就職活動を始めて髪の毛を黒に染めたり、同じようなスーツを着るようになるのを見て、カッコ悪いと感じていたし、僕は就職活動は一切しませんでした。

今の「旅」の原型を作ったと言われるジャック・ケルアック、アレン・ギンズバーグや、ロバート・ハリスの本に出会って「こんな世界があるんだ!」と衝撃を受けました。彼らにすっかり影響を受け、「自分も世界を見てみたい」という一心で大学卒業後に東南アジアへ行きました。

旅では色々な国に行きましたが、その中でもラオスのバンビエンは天国のような場所でした。山続きの中に川があって、そこに動物たちが水を飲みに来ているんです。そこで、盲目の日本人のおじいさんに声をかけられ、一緒に過ごすようになりました。

その人は大成功した経営者で、川のほとりでビールを飲みながら、「目の前で魚を釣っているあの網を日本に持って行ったら、ビジネスになるぞ」などと話してくれ、とにかく生活の中からたくさんのビジネス講座をしてくれたんです。その人自身の生き方が面白いと思ったし、お金を稼ぐとは人に雇われることではなく、自分で仕事を作り出すものだと身を持って学べましたね。

そして半年ほどで旅を終えた後は、ビジネスをするためにタイに行きました。タイは環境も整っていたし、タイの雑貨を日本に輸入して売ったらいいんじゃないかと思ったんです。

ヒッピーとして、旅をしながら生きる