1. >
  2. >

訪問理美容で、誰もがその人らしく美しく!
17歳で母になった私の社会での挑戦。

岩岡 ひとみさん/美容のチカラで福祉・医療業界を支える

はてぶ

福祉施設への訪問理美容や、福祉理美容師の育成を行うNPO全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)の事務局長を務める岩岡さん。17歳で妊娠がわかり、高校を中退して専業主婦の生活を送っていたところから、NPO法人の立ち上げを行うまでにはどんな背景があるのか。お話を伺いました。

17歳で一児の母になる

私は大阪で生まれ、名古屋で育ちました。母子家庭で家庭が裕福ではなく、そこから抜け出すためには勉強するしかないと考え、毎日図書館にいるような子どもでした。また、グループへの帰属意識は低く、むしろ周りと同じことをするのはかっこ悪いとすら思っていました。

そして、高校は進学校に進み、大学に進学したいと考えていました。ただ、家計を考えると難しいかもしれないし、自分が大学に行くことで2人の妹に我慢はさせたくないと思っていました。私は大学に行きたいと言っても、その先やりたいことはなかったし、看護師になりたいと話す妹に学校に行って欲しいと。

すると17歳の時に妊娠が発覚しました。相手の彼は年上で働いている人だったので、私はこの人と結婚して奥さんになるんだと、嬉しかったですね。不安とか、産まない選択肢はなかったんです。また、私が学校を辞めたら、妹のために学費が浮きますから。

そこで高校を退学し、結婚して一児の母となりました。それからは専業主婦としての生活が始まりましたが、子育てや家事は楽しく、ママ友もできて充実した生活を送っていました。同級生が高校卒業する頃には私も大検も取っていたので、焦りも全くなかったですね。

ただ、3年ほど楽しく生活を送っていたところ、旦那さんから「何か人の役に立つことややりがいがあることを始めてみたら」と、働くことを勧められたんです。働きたいとは思っていませんでしたが、確かに子どもが保育園にも行き始め、家事や育児にも慣れて余裕が出てきていたので、パートに出ることにしました。

ルーティンワークは飽きてしまう