1. >
  2. >

コンプレックスは、自分を変える原動力。
美容・音楽を通じて伝えたいこと。

田村 貴博さん/音楽と美容で伝える活動

はてぶ

音楽家と美容家、2つの顔を持ち活動する田村さん。ビジュアル系バンドで活動し、メジャーシーンで活躍するも、解散を決意。その背景にはどんな思いがあったのか?見た目にコンプレックスがあり、4年間引きこもっていた田村さんが伝えたい思いとは?お話を伺いました。

4年間の引きこもりを経て高校デビュー

私は千葉県で生まれました。祖父が家の隣で病院を開業していたので、私も医者になるよう育てられ、小さな頃から「医者にならなければいけない」と強迫観念やストレスを感じていました。

そんな背景もあり、食べることが発散で次第に太っていき、学校で容姿をからかわれるようになると、プライドが高かった私は「自分より勉強ができないくせに」と思ってさらにストレスを溜めてしまいました。

そして小学5年生のある時、突然学校に行けなくなってしまったんです。親にはひどく怒られるし、学校に行かなくてはと思いつつも、不登校になったこと自体が恥ずかしくて、引きこもり生活が続きました。

ただ、中学3年生になると卒業後の進路を具体的に考えるようになり、さすがにこのままではまずいと焦りを感じるようになったんです。

そして、特に将来やりたいことはなかったのですが、テレビで見ていたビジュアル系バンドのようになりたいと思っていました。音楽をやりたいのではなく、「彼らになりたい」という感覚でしたが、とにかく1人も知り合いがいない東京の学校に行き、高校デビューすることにしました。

4年間不登校だったことは誰にも言わず、新しい自分として生活を始めました。1年生からジムに通って痩せることに成功し、ビジュアル系バンドの雑誌を学校で見たり、授業中はバンドの絵を描いたりと、自分のキャラクターを確立していったんです。

そして2年生になると、「Janne Da Arc(ジャンヌ・ダルク)」というバンドのベーシスト「ka-yu(カーユ)」に強烈な憧れを抱くようになりました。彼になりたいと思い、すぐにオークションでベースを買い、学外の人と色々なバンドを組むようになりました。

3年目の初ステージの時からミュージシャンを目指す