1. >
  2. >

人の思いやりでバリアフリーを実現する。
障がいを持つ人たちと一緒に舞台に立ちたい。

川崎 尚哉さん/バリアフリーコンサルタント

はてぶ

障がいを持つ人と色々な「遊び」を行ったり、バリアフリーな場所を増やすためにコンサルタントとしての活動を行ったりする川崎さん。独立という道に進むにあたって「不安はあるけど、子どもに一番見せたい輝いている姿だから」と語る背景には、どんな思いがあるのか。川崎さんにとって「遊び」とはどんな意味を持つのか、お話を伺いました。

人とは違う道を

私は東京で生まれ、小さな頃から遊び好きでやんちゃな子どもでした。
しかし、祖父が厳しく、いたずらするたびに怒られていたので、どんどん萎縮して自分を出さないようになっていきました。

ただ、人と同じことをするのは嫌で、変わったことをしたいという思いが強く、
図工の授業でもみんなが本棚を作る中、一人だけスライドで開閉できる箱を作ったり、
夏休みの工作では自動で仰げるうちわを作ったりしていました。
そんな風に自分で考えて何かをつくるのが好きだったので、中学卒業後は工業高校に進むことにしました。

黙々と一人で作業するのは得意だったので成績も良く、工業大学から推薦入学の話をもらっていました。
しかし、周りが工業大学に進んでいるのを見て、同じではつまらないと思ったんです。
その時、『スターウォーズ』の映像のように、細かいコマ割りでの映像を撮ってみたいという思いもあり、
映画製作の専門学校に進学して映像を学ぶことにしました。

専門学校では、撮影、音響、脚本など、映画製作の全体的なことを学ぶことができ、
実際に自分たちで作品も作りました。
しかし、それには演者が必要で、みんな自分の得意分野の担当をしたがる中、
私は色々なことを学びたいと思っていたので、役者もしてみました。
演じることを学んでいたわけではないので、あまり面白くはなかったものの、
自分を表現して人から注目を浴びること自体は楽しかったですね。

そして、卒業後は周りがフィルム会社やテレビ局に就職する中、周りと同じじゃ面白くないと思い、私は劇団に入ることにしました。
就職した友だちは初任給で十数万円もらっている中、私は月給5万の劇団員としての生活がスタートしたんです。

より広い世界で自分の可能性を