スポーツ心理学で人も社会も「ごきげん」に。
QOLとスポーツへの思い、内科医からの転身。

辻 秀一さん/スポーツドクター

はてぶ

スポーツ心理学に基づくオリジナルメソッドを用いて、人が「ごきげん」な状態を保つことでQOLの向上を行うスポーツドクターの辻さん。13代続く医者の家庭に生まれ、「世のため人のために生きろ」と言われて育ち、部活漬けの大学生活を経て内科医に。そんな中、医者として目にした『パッチ・アダムス』の衝撃と、スポーツへの思いから31歳で決めた方向転換。スポーツを文化として根付かせ、人や社会を「ごきげん」にする活動の背景にある思いとは?

部活漬けの大学生活を経て内科医の道へ

東京都新宿区に生まれ、小学5年生から6年生の途中まで兵庫県西宮市で暮らしました。西宮では知人の紹介で寺子屋形式の少人数の塾に入ったのですが、最初は授業が全く理解できず、塾内のテストで0点を取ることもありました。それでも、諦めずに続けていくと、一生懸命物事に打ち込むことの楽しさを感じるようになり、負けず嫌いな性格も合わさって、成績が上がっていくようになりました。6年生になり神奈川県に引っ越した後は、中学受験を経て県内の進学校である栄光学園に入学しました。

中学ではバスケ部に入りました。昔からスポーツはまんべんなく得意でしたが、小学校の時にポートボールで活躍したことや、点が入ってもいちいち止まらずに進み続けることなどから、バスケットボールに面白さを感じていたんです。進学校ということもあり、部活への打ち込み方に物足りなさを感じることもありましたが、中高一貫の学校の中で充実した部活生活を過ごしました。

大学の進路選択の時期になり、一度は、エネルギー問題への関心から、理工学系の研究者になろうと考えていました。13代続く医者の家系で、父や祖父から「世のため、人のために生きろ」と言われて育ったことが根幹にありました。医者が1人ずつしか人を助けられないのに対し、エネルギー問題を解決すれば多くの人のためになるという感覚でしたね。しかし、進学校で周りには非常に頭が良くて勉強好きな人が多くいたこともあって、研究者は自分は向いていないかもしれないと感じました。結局、家族と同じように医者を目指すようになりました。大学選びは、バスケ部が強いという理由で北海道大学に決めました。

大学に入学してからはバスケ部に入り、とにかく部活漬けの日々でした。医学部大会で6連覇するような強豪校だったので、毎日練習に打ち込み、授業は友人に代理での出席を頼むような状況でしたね。テストのためだけに最低限勉強するような学生生活でしたが、充実感がありました。

その後、大学を卒業した後は、父の知り合いが多かった慶應大学病院の内科に入局しました。オペや怪我に興味がないので外科ではない、ジェネラリストになりたいから眼科や歯科でもない、という考えからきた選択でした。

『パッチ・アダムス』の衝撃、再びスポーツの分野へ

シェアして応援