1. >
  2. >

漁師が損をしないための、独自の六次産業化。
腹の底から約束したことを曲げないために。

長野 泰昌さん/魚のバイヤー

はてぶ

漁師や地域と直結し、各地の漁場より直送される鮮魚を楽しめる居酒屋「四十八漁場」のバイヤーを務める長野さん。プロミュージシャン、コピーライターと華やかなキャリアを歩む中で、未経験の漁業に転身した理由とは。東北の漁師の方たちに対する想いを伺いました。

初めて守った自分との約束

生まれは福島県双葉郡浪江町ですが、育ちは東京の大田区です。音楽が大好きで、物心つく前から、カーペンターズを聴くとすぐに泣き止むような子どもだったそうです。

夢はミュージシャンになることでした。小学生の時に日本武道館で見た、吉川晃司さんのステージの影響です。演奏が始まった瞬間、体中に電撃が走ったんですよね。絶対に自分もあのステージに立ちたい。そう思っていました。

ただ、高校を卒業する時になっても、ミュージシャンになりたいと親に言えませんでした。自営業で一生懸命働いている両親の姿を、幼い頃から見ていたので、親を失望させたくないと思ったんです。

その頃、アルバイト先に英語を流暢に話せる先輩がいて、その人みたいな生き方もいいなと思い、留学することに決めました。高校を卒業してから2年間、英語の勉強と資金集めをし、20歳の時オーストラリアに渡りました。

ところが、英語は全く話せなかったので、学校では10クラス中、下から2番目のクラスでした。悔しかったですし、綺麗な外国人の女の子と話せるようになりたいとう下心もあり、頑張って勉強しました。この時、人生で初めて勉強が楽しいと思いましたね。2ヶ月経つ頃には、生活には困らないレベルになりました。

次の目標は、1番上のクラスまで上がることでした。1番上のクラスは、ティールームから見える場所に教室があって、昼休みに生徒が出入りするのが見えたんですが、その姿すごくかっこよかったんです。俺もあのドアから出てきたい。それがモチベーションでした。

それからは、死にものぐるいで勉強しました。あまりのつらさで逃げようとしたこともあります。そんな時、先生から「I disappointed you」と言われたんです。その一言で、踏ん張ることができました。自分を信じてくれている先生を、失望させたくないと思ったんです。

最終的に、思い描いていたとおり、1番上のクラスまで上り詰めることができました。生まれて初めて「腹の底から自分と約束したこと」を守った経験でした。

心から音楽がやりたい