小さい頃から、水が大好きでした。
親が水泳の先生だったこともあり、遊び半分で始めたのですが、結果が出ると楽しくなってなってくるんですよね。
ピアノにお花にバレエに公文と、たくさん習い事をしましたが、ずっと続けたのは水泳だけでした。

高校時代は水泳の強豪校に入学する事ができ、ふやけてしまうんじゃないかというくらいプールにいました。
特に、冬は強化月間のため、毎朝5時起きで朝練に向かい、体に負荷をかける時期があるのですが、
本当に水泳が好きで、辞めたいと思ったことは一度もありませんでした。
朝練に向かうため、まだ暗い中、車道の真ん中を自転車で楽しく歌いながら走っていたのを覚えています。

結果的に、目標としていた、神奈川県で団体として女子総合三連覇を果たし、インターハイに出場することができました。
さすがに三年目の大会前日はプレッシャーを感じましたが、
ずっと追いかけていたゴールを達成し、やり切った感覚がありましたね。

そして、高校卒業と同時に、ぴたりと水泳を辞めました。
目標を達成した事で区切りがついたんだと思います。