鳥取県米子市で育ちました。近くに航空自衛隊美保基地があり、幼い頃から日々の生活の中で飛行機を目にすることが多く、風を切って空を飛ぶ飛行機とそれを操縦する人に対して、次第に憧れを抱くようになっていました。高校進学までの私の夢はパイロットになることでした。夢を叶えようと、中学卒業後に自衛官養成学校への進学を志したものの数学があまりにも苦手だったために挫折。たまたま合格した県立高校に、渋々進学することにしました。

高校に対するモチベーションはほとんどありませんでした。夏が非常に暑い地域だったのですが、港の近くに高校があったため港特有の磯の臭いがひどく、窓も中々開けられないような状態で、私は劣悪な環境に嫌気が差していました。高校の勉強に対してやりがいを見出せず、不登校気味でした。

高校時代に、通いつけの美容院からモデルの誘いを受けて、モデルとしての活動を始めました。高校は休みながらも通い続け、ショーや撮影に誘われた際にはモデルとして参加するといった生活を送っていました。

なんとなく時間ばかりが過ぎていくような高校生活を送っていましたが、地理の授業で先生が世界地図を広げてお話をしてくれた時のことです。私はとっさに「世界はきっと自分が思っているより広くて、スゴイ」と思い、今すぐ目の前にある現実から飛び出したい、と強く思いました。暑い鳥取よりも気温が低い場所に行きたいという理由で、イギリスに短期留学しました。さらにその翌年にはNYに短期留学しました。私の中には大学に行くという選択肢はもはや無くなっており、両親と相談して、大学進学をしない代わりに高校時代に留学を経験させてもらうという形でした。2回の留学で「この世の中には自分の知らない世界がたくさんある」ということを肌で感じました。