「好きだから」以外に理由なんてないですよ。

倉貫 義人さん/プログラマ・経営者

はてぶ

「納品のない受託開発」という新しいビジネスモデルで、IT業界に全く新しい仕組みを生み出し、挑戦を続ける倉貫さん。心はプログラマ、仕事は経営者、というモットーには、強いこだわりがありました。

自分の思い通りに動くのが楽しいんです

昔からソフトウェアのプログラミングが好きでした。今も大好きです。

はじめてプログラムに触れたのは、小学生のころでした。
両親が買ってきたコンピューターが家に転がっていて、
ファミコンのゲームをつくったのを覚えています。

特に材料も必要ないし、物理法則に従う必要がないのがいいですね。
自分の思い通りに動くのが楽しいんです。
機械とかは苦手です。

高校時代にアルバイトで法人用のプログラムを作りましたが、
周りの人たちが、僕のアウトプットに対し、お金で表現してくれたのが驚きだったんですよ。
アルバイトなのであたりまえなんですが、
気持ちとしては、遊んでいるだけでお金が入るような感じでした。

部活には入っていなかったのですが、
ちょうど学校にもコンピューター室を設置しようという動きが起きた時代で、
先生が誰も使いこなせないという理由から、
生徒ながら、「コンピューター室長」を務めていました。(笑)

大学は、コンピューター系の学部・学科がある学校に進学しました。
学問は好きではなかったので、プログラムを書いて卒業できる研究室を志望しました。

友人がやっていた、学生ベンチャーでエンジニアをしたり、
研究室でプログラミングをしたり、好きな事をしていましたね。

新しい技術はどんどんでるし、同じ物を作り続ける事がないし、
全然飽きないんですよ。

業界を変えられるかもしれない

シェアして応援