1. >
  2. >

一生人に貢献し続ける生き方を。
人生を変えたコーチングとの出会い。

瀬越 敏弘(せごえ としひろ)さん/メンタルコーチ

はてぶ

定年まであと10年というタイミングで、IT企業をやめてメンタルコーチとして独立した瀬越さん。40代を超えてコーチングに出会い、見つけた自分らしさとはどんなものだったのでしょうか。お話を伺いました。

おとなしく内向的な性格

愛媛県松山市で生まれました。コミュニケーションに苦手意識を持つ、内向的な子どもでした。大勢でいると自分から喋りませんでしたし、周りからは「いるかいないのか分からない」と言われることもありました。

一方で、デパートの屋上で開かれた「子どもカラオケ大会」に出たり、高校の応援団長に立候補したり、積極的な一面もありました。周りから意外に思われることが、何となく心地よかったですね。

中学では、バレーボール部とバスケットボール部を、高校でハンドボール部を全て1年経たずにやめました。夢中になれなかったんです。中学生の頃から続けていたバンドは楽しかったんですけど、うまくなるために必死に練習するというような感じではありませんでした。

父が医師だったので、医師になることを期待されて育ちました。ですが、決められた道を進むことに反発した気持ちがあり、高校時代には文系を選び、医師にはならないと決めました。

とはいえ、勉強に身が入りませんでした。兄と姉が東京の大学に進学していたので、東京の大学を目指したのですが、浪人しました。上京して東京の予備校に通い始めると、都会の刺激的な生活に負けて、あまり勉強しませんでしたね。結局、二浪しても志望校に入れず、滑り止めの大学に進みました。

就職活動では、人に何かを伝える仕事ということで広告代理店をいくつか受けましたが、不採用。メーカーから営業職で内定をもらいましたが、自分に合っていないと感じて断りました。

どんな仕事をしようか考えている時、システムエンジニアの求人が目に留まりました。当時、システムエンジニアは割と新しい仕事で、IT未経験でも入社後頑張れば成長できる、と書かれていて、その話に惹かれたんです。新しいことにチャレンジすることに魅力を感じ、ソフトウェア会社に入りました。

人に貢献できる仕事が楽しい