【12月4日イベント】Sunday Morning Cafe〜あなたの未来を変える生き方〜 ゲスト:平将明さん
  1. >
  2. >

「ソーシャルビジネス」に光をあてたい。
「仕事」と「趣味」が一つに重なるまで。

林 民子さん/社会や環境に配慮したライフスタイルの提案を行うNPO・株式会社を経営

はてぶ

【女性起業家特集】「社会貢献をより身近なものにする」「ファッションと社会貢献の橋渡しをする」というミッションのもと、ソーシャルビジネス・NPOの活動に取り組む林さん。「仕事」と「趣味」が重なったような分野を創り出した、と話す現在に至るまでには、どのような背景があったのでしょうか?






興味あることをチャレンジし続けた学生時代

17才まで、北海道の大自然の中で育ちました。

小さい頃は森が遊び場でしたので、自然にあるものを使った遊びを友達と考え楽しんだり、
父親がレコード店などを経営していたこもあり、家にレコードがたくさんありましたので、
常に自然と音楽に囲まれた環境で、のびのび育ちました。

開放的な環境に加え、親がリベラルで、常識にとらわれずしたいことをさせてくれるタイプだったので、
興味があることはオタクのようにフォーカスするような性格でした。

気がつくと、洋楽、洋画、洋雑誌が大好きな青春時代を過ごしていました。
そして、より英語を理解したいという思いから、17歳でアメリカ西海岸の高校へ留学。

高校卒業後は東京の短大の英語科へ進学し、とにかく好奇心旺盛で、アルバイトや習い事をたくさんしていました。
茶道や華道、着物の着付け、お料理教室にヨガ、乗馬・ゴルフ・テニス・英語以外の外国語など、
様々な習い事に挑戦していましたね。

また、高齢者ケアなどのボランティアや、有機農業などのエコ関連にも関心が強かったです。
本をたくさん読み、映画もたくさん鑑賞し、したいことを存分チャレンジする日々でした。


「光をあてる仕事」