鹿児島県川辺郡(現、南九州市)で生まれ育ちました。父は地元で腕がいいと評判の大工でした。私は小さい頃から、現場のゴミ拾いなど簡単な作業を手伝っていました。人見知りで、学校では目立たないタイプでしたが、大人に混ざって父の仕事を手伝ううちに、元気よく挨拶したり、愛想よく振舞ったりと、子どもなりに社交術を身につけましたね。

中学生のとき、通学途中にある洋服直しの専門店がドアを全開で作業をしていて、中の様子が見えたことがありました。作業をしていたのは40代くらいの男性でした。裁縫は女性がすることだと思い込んでいたので驚くと同時に、職人は大工以外にもさまざまな職種があるんだなと気づかされました。

また、ある時、パリコレをはじめ、世界を代表するファッションショーの様子がテレビで流れていました。ファッション界には、直しだけでなくデザインをする仕事もあることを知り、「自分もそんな大舞台で着られる服をつくりたい」と思うようになりました。

職人の父の影響を受け、工業高校の機械科に進学し、溶接や設計などを学んでいました。就活時には、自動車会社など複数の企業から声がかかりましたが、私はファッションの世界に進みたかったので断ってしまいました。父から「この先どうするんだ」と激怒されたとき、私は初めて「パリコレのような大舞台でモデルが着る洋服をつくりたい」と父に打ち明けました。

私が真剣に志していることを知り、父は「本当にその道を目指すなら、学校の就職課の先生に相談してみろ」とアドバイスしてくれました。そこで言われた通り、先生に相談すると、大阪にある縫製工場を紹介してもらえました。父が「若いうちは、実際に洋服の裁断や縫製を経験した方がいい」と言ってくれたことも後押しとなり、私は大阪へ向かうことを決めました。