バスケをはじめたのは小4のころでした。
当時はとくにバスケが好きというわけではなかったのですが、家に帰っても暇だったので、
たまたま友達の多かったバスケ部に入部しました。

そのままの流れで中学、高校もバスケ部を選びました。
中学、高校ともバスケ部の人はバスケが好きな人ばかりでしたね。
そういった人に囲まれて、段々バスケが好きになっていきましたし、
バスケ好きと一緒にバスケをやっていると自然と上手になり、
トップレベルの選手が集まる大学のバスケ部に進学することになりました。

周りがトップレベルの選手ばかりという環境ははじめてだったので、
最初は余裕がなく、必死でしたね。
ただその中で練習して時間が経っていくうちに、徐々に余裕が生まれていきました。
トップレベルの選手の中でも自分のプレイができるようになっていったんです。

そうやってバスケ漬けの日々だったんですが、当時はバスケで食べていくつもりはありませんでした。
大学で専攻していた建築に関連するような職業に就くイメージがあったんですよね。
そのつもりだったんですが、卒業前にプロチームからスカウトを受けたんです。

やはりプロになると、生活のすべてをバスケに注ぐことになります。
当時は生活のすべてを注ぐほどはバスケに取り組んではいませんでしたし、
プロとしてやっていけるのか、という不安もありました。
ただ同時に、挑戦したい気持ちも生まれてきました。

今まで死ぬほどバスケに打ち込んだことがなかったからこそ、
すべてを注ぐことで、自分がどこまで通用するのか試したかったんです。