歌う"越境"ドクター
畑拓磨
医療安全医、チーフレジデント、そして歌手として、医療✕他産業の越境活動から「すべての人に生きる原動力を」届ける総合診療科医
fb
最終更新日 2022.10.29

NEWS

略歴

水戸協同病院 総合診療科医師 / サービス向上・パブリック・リレーションズ委員会(宣伝広報委員会)所属/ 医療安全委員会 所属
一般社団法人 病院マーケティングサミットJAPAN チーフエヴァンジェリスト
日本チーフレジデント協会(Japanese Chief Resident Association) 代表
病院総合診療医学会 良質な診断WG 所属

総合診療科医師としての診療に加え、水戸協チーフレジデント/日本チーフレジデント協会代表として、研修医教育や医師キャリアアドバイザーに携わる。チーフとして関わった研修医は100人以上。
医療安全分野では良質な診断WGのメンバーとして、診断エラーや医療安全の啓蒙活動に携わり、多数の講演、学会登壇経験あり。
2022年には病院マーケティングサミットJAPANチーフエヴァンジェリストとして「医療✕結婚」「獣医療✕ヒト医療」「医療✕音楽」といった医療✕他産業の"越境"活動を続けている。
また「すべての人に生きる原動力を」届けるために、歌手としても活動中。2022年12月には1st singleとなる「最高の主人公」リリース予定。

具体的な活動

●越境人材(医ンタープレナー)
病院マーケティングサミットJAPANチーフエヴァンジェリスト。「すべての人々に生きる原動力を」届けるために、医療と他産業をつなぎ合わせる越境人材として、数多くの企業と社会に新しい価値を生み出すプロジェクトを創造しています。

●歌手(歌う"越境"ドクター 拓磨)
「すべての人々に生きる原動力を」というミッションを叶えるために、自分の世界観を歌にして届けています。私の歌を聞いた人々に、明日が来ることを楽しみにできる今日(生きる原動力)を届けます。

●病院広報コンサルタント/病院広報オリジナルソング作成サービス "メドソン"
2022年に水戸協同病院でサービス向上・パブリックリレーションズ委員会を発足。病院広報コンサルタントとして病院ブランディング活動をしています。
また新しい病院広報の形としてオリジナルソングを作成するサービス、トータルオーダーメイドメディカルソング(メドソン)をプロデュースしています。

●日本チーフレジデント協会代表
2021年に水戸協同病院でチーフレジデントを務めました。チーフレジデントとして研修医管理・教育・メンタリング・カウンセリングのノウハウを学び、現在2023年度日本チーフレジデント協会代表として、全国の研修医・チーフレジデントに向けて年間10件以上講演・学会に登壇しております。

●医療安全/診断エラー学 アドバイザー
日本総合診療医学会良質な診断WG所属。公益財団法人 日本医療機能評価機構 JQ医療安全管理者2022年10月修了予定。医療の質・安全向上に繋がるコーチング・組織改革アドバイザーとして、ヒト医療にとどまらず獣医療分野でもコンサルタント・講演活動をしています。

●総合診療科医師
2017年に医師免許取得後、水戸協同病院の関東の市中病院にて総合診療科医師として入院診療・外来診療に従事しています。

原体験

「医療が抱える問題を、医療だけで解決することはできない」

総合診療科医師として患者と向き合ってきて、私が気づきつつも目を向けることができなかった残酷な事実です。

「高血圧症だから減塩を指示する。医療の名の下では、塩分過多は絶対悪だからだ。徹底した減塩指示をしたとして…それは果たして、患者にとって幸せなのか?」
「治療という名の下で様々な不自由を当たり前のように架してしまう医療。図らずも、患者が持つ"明日を楽しみに生きていこう、頑張ろうという生きる原動力"を、奪ってしまっているのではないか?」

このように、医療の抱える矛盾を医療だけで解決することが難しいと感じることは少なく有りませんでした。なぜなら、生きる原動力を、診察や薬剤で与えることは絶対にできないのだから。

だからこそ、本質的に曖昧さを許さない理論的な医療的視点ではなく、"曖昧さが楽しい"と思える他産業的視点で見つめ直してみました。

例えば、入院中に家族と一緒にご飯が食べられないのなら、映像技術(VR)を使って、まるで目の前に家族がいるような空間を創り出す。
ああこれか。医療✕他産業なら患者の生きる原動力を与えられるじゃないか。
いやこれは患者だけじゃない。この世に生きる人々全員が、明日を楽しみに今日を生きたいと思う、いわば"生きる原動力"を持つことって素晴らしいことじゃないか。

その気付きから、医療という枠を越えて活動する越境人材(医ンタープレナー)としてのキャリアが始まりました。現在は患者だけではなく、すべての人々が明日を楽しみにできる=生きる原動力を持つことができる社会を目指しています。

この「すべての人々に生きる原動力を」というミッションは、医師、歌手、チーフレジデント、そして医療安全/診断エラー学アドバイザーとしての活動に根付いています。

経歴

  • 2023年
    日本チーフレジデント協会(Japanese Chief Resident Association)  代表
  • 2022年
    病院マーケティングサミットJAPAN チーフエヴァンジェリスト
  • 2021年
    水戸協同病院チーフレジデント就任

講演情報

書籍情報


自分のプロフィールをつくりたい 他の人のプロフィールを見る

お問い合わせ| 畑拓磨さんへ

お問い合わせはanother life. 運営事務局で確認した上でプロフィール掲載者の方にお伝えします。誹謗中傷や営業、勧誘等はお伝えいたしませんのでご了承ください。また、返信をお約束するものでもございません。