SASUKEのために、部活に入りませんでした。
「終わらない夢」を本気で追って見えたもの。

【7月3日放送 TBSテレビ『SASUKE 2014』特集】 TBSテレビ「SASUKE 2014」の放映までの1週間、another life.にて出場選手7名の人生にフォーカスした特集企画を実施します!  小学生の頃から、「SASUKEに出場し、完全制覇すること」が夢だったと話す又地さん。配管工として働く傍ら、SASUKEの完全制覇に向け、日々トレーニングを行っています。幼い頃に掲げた夢を追いかける中で、いったい何を見て何を感じたのか。「SASUKE」に捧げた半生についてお話を伺いました。

又地 諒

またち りょう|配管工
配管工として勤務している。
TBSテレビ「SASUKE 2014」に出場する。

Facebook
TBSテレビ「SASUKE 2014」
2014年7月3日(木)19時よりTBSテレビにて放映。
※関東および一部の地域では18時57分から放送

SASUKEへの強烈な憧れ


小学5年生でSASUKEに出会ってから、僕の中では憧れの存在でした。元々体を動かすことは好きだったものの、特にスポーツの経験はなかったのですが、たまたまTVで見たSASUKEに衝撃を受けたんです。正直、具体的に何に惹かれたかはわかりませんが、とにかく「カッコいい!」と感じたんですよね。

それ以来、夢は「SASUKEに出場し、完全制覇すること」になりました。中学に入っても志は変わらず、「SASUKEのトレーニングのために部活には入らない」と決め、学校が終わった後に、友達に付き合ってもらって、公園などで見よう見まねでSASUKEの練習をしていました。

とにかくSASUKEが大好きで、それ以外のことは考えていなかったんですよね。おかげで周りの人達には相当なSASUKEバカだということが浸透していて、あだ名が「SASUKE」になったこともありました。(笑)

とはいえ、部活に入らないと暇ではありましたね。同じようにSASUKEに熱中している友達がいる訳でもなく、なんとなく孤独な感覚はありました。そして、中学卒業後は、勉強があまり好きでないこともあり、高校には行かず、働くことに決めました。

「部活」のような場所


卒業後は親が勤める塗装会社で働き始めたのですが、一時期に比べると、SASUKEへの情熱は冷めてしまっていました。友達と遊んでいる方が楽しかったんですよね。トレーニングもすっかり辞めてしまっていました。

そんな折、友達とたまたまお台場に行った際に、「マッスルパーク」というSASUKEの実寸大のセットが体験できる施設を見つけたんです。以前SASUKEの真似事をしていたこともあり挑戦してみたんですが、クリアできなかったんですよ。それがすごく悔しくて、自分の中に自然に火が付いた気がしました。

ある程度通用した感覚があったからこそ、すぐに「ぶら下がり健康器」を買って、トレーニングを再開したんです。また、ちょうどその頃にSASUKEの第20回大会の参加者募集がありました。正直、自信はなかったのですが、ダメもとでSASUKEへの情熱を綴ったメールを送ってみたら、予選会に呼んでもらえたんです。

参加できるとは思っていなかったので、予選会の知らせを受けたときは、とても驚きました。ところが、初挑戦の予選会はやはり甘くなく、途中で敗退という結果に終わってしまったんです。

ただただ悔しくて、それからは最低でも週1回マッスルパークに通うようになりました。いつもそこに行けば、誰か同じようにSASUKEを目指す人がいたことも大きかったです。下は15歳から上は60歳まで、自分にとっては「部活」のように思えたんですよね。

初めて仲間、そしてライバルができたんです。

期待に沿えなかったんです。


SASUKE仲間とは、マッスルパークに留まらず、全国のSASUKEイベントにも参加しました。そんなイベントでも少しずつ活躍できるようになり、第21回大会は予選を通過し、大会に出場することができたんです。19歳のことでした。

本番のことはまったく覚えていません。文字通り、頭が真っ白になったんです。極度の緊張から1stステージ終盤で脱落してしまったんですよ。

もちろん悔しさはあったものの、一方で「話にならないわけでもないな」という感覚はありました。それを機に、課題を重点的にトレーニングするようになり、さらに本気でSASUKEに取り組んでいったんです。

ところが、翌第22・第23回大会は連続して予選で敗退してしまったんです。それぞれ半年準備したのにもかかわらず大会に参加できず、周囲の期待していただいている方への申し訳なさもあり、かなりへこみました。

そんな影響もあり、第24回大会は応募すらしませんでした。周りの仲間が出ていたこともあり、応援には行ったのですが、その大会では、一緒にマッスルパークやイベントで切磋琢磨していた、漆原さんや菅野さんの活躍している姿がありました。

完全に取り残された感がありましたね。

その後、自分もいけるんじゃないかという思いから、もう一度申し込んだのですが、25回・26回と続けて1stステージでのリタイアでした。

それからは、もう周りにも「SASUKEを辞める」と伝えました。本番に3度チャレンジしながら結果が出ず、協力してもらえる方の期待に沿えなかったんです。純粋に「好き」で始めたのが、回を重ねるごとに自分一人の挑戦ではなくなり、ある種のプレッシャーもありました。

結局それからはトレーニングも辞めてしまいました。

背中を押されるような感覚


SASUKEから離れてしばらく経った頃、北海道にもマッスルパークができたという話を聞きました。関東の実力者である仲間達もこぞって挑戦しに行くのですが、なぜか誰もクリアできないという話だったんです。僕自身、周りの実力を知っているからこそ、誰もクリアできないのが悔しかったし、「何やってんだよ!」とも思いました。

最終的には、「じゃあ、俺が行ってクリアしてやる!」と、北海道のマッスルパークへ挑戦しに行ったんですよね。そして、実際にクリアすることができ、北海道で最初の成功者になったんです。そこで久しぶりにSASUKEと向き合う中で、やっぱり楽しかったし、まだできるなという感覚があったんですよね。

それからは、もう一度SASUKEに挑戦し、第27回大会に出場すべく、今までで一番本気で練習を重ねました。これまでの成績から、予選への参加も危ぶまれたのですが、今までで一番自信があったこともあり、何とか粘って、ギリギリで予選に出してもらえることになりました。

その時は、なぜか一切の不安がなく、背中を押されるような感覚がありました。まるで落ちる気がしなかったんですよね。無事予選を突破し、その自信は大会本番でも続きました。今までクリアしたことの無かった1stを通過し、2nd・3rdを経てついにファイナルステージまで到達したんです。

結局、経験の無いステージを一日でチャレンジし続けた疲労から、完全制覇には至らなかったのですが、ついにあと一つまで来たことへの満足感がありました。

夢に終わりはない


その後の2回は悪い意味で落ち着いてしまい、結果にも結びつかなかったこともあり、SASUKE2014では、今までに無いくらい気持ちを入れて取り組もうという思いが強いです。

あとは、これまでは、本当に何よりもSASUKE一筋だったのですが、最近は仕事のことも、真面目に考えるようになりましたね。SASUKEでは食べていけないので、将来のことも考えていこうと思っています。現在は、長年続けてきた塗装の仕事を辞めて、新しく配管工の仕事を始めました。

また、今までは、「SASUKEに出場し、完全制覇」という夢を追って走ってきたのですが、本気で夢を追って気づいたのは、結果ももちろんですが、過程が重要だということでした。

僕は、たとえ完全制覇できなかったとしても後悔しないと思うんです。たとえ次回のSASUKEで完全制覇しても、また次のSASUKEはあるんです。

だから、どういうSASUKE人生だったか、ということを大切にしていきたいんですよね。

これまでSASUKEに向けて努力した経験を活かして、他のことにチャレンジしたいという気持ちもあります。どこまで行っても、夢って終わりはないと思うんです。

2014.07.02

SNSでシェアする


感想をクリック

会ってみたい
43

共感した
7

応援したい
20

感想メッセージを送る


記事を作りたい

又地 諒

またち りょう|配管工
配管工として勤務している。
TBSテレビ「SASUKE 2014」に出場する。

Facebook
TBSテレビ「SASUKE 2014」
2014年7月3日(木)19時よりTBSテレビにて放映。
※関東および一部の地域では18時57分から放送

記事一覧を見る
fbtw

お気に入りを利用するにはログインしてください

another life.にログイン(無料)すると、お気に入りの記事を保存して、マイページからいつでも見ることができます。

※携帯電話キャリアのアドレスの場合メールが届かない場合がございます

感想メッセージはanother life.編集部で確認いたします。掲載者の方に内容をお伝えする場合もございます。誹謗中傷や営業、勧誘、個人への問い合わせ等はお送りいたしませんのでご了承ください。また、返信をお約束するものでもございません。

共感や応援の気持ちをSNSでシェアしませんか?