自分を正直に表現する社会を生きる。
深刻ぶらずに、自然体でいられるあり方を。

安井 亜希さん/若者が自分らしく生きることを応援する

はてぶ

自分らしく、自分に素直に生きるための技術を磨くNPO法人を運営する安井さん。人に寄り添う仕事がしたいと思い続けて見つけた、やりたいこととは。お話を伺いました。

生きている、ということ

京都府で生まれました。生まれつき身体が強くなかったこともあり、生後半年ほど入院したり、5歳の時には首の腫瘍を切除する手術を受けたりもしました。通院のため幼稚園は多少休みがちでしたが、病気があることを真剣に疑われるほどよく喋る活発な性格で、毎日元気に過ごしていました。

小学校に行ってからも、男の子とばかり遊んでいるような活発な子でした。父の仕事の関係で転校することが多かったのですが、転校した先々で、誰とでも仲良くやってましたね。市の陸上大会で優勝したことがあり、「オリンピック選手が夢!」と思ってました。

元気はあったのですが、持病の状態が悪化したことを受けて、中学2年生の時に舌を切る大きな手術を受けました。「結果次第では話せなくなる可能性がある」という手術の同意書にサインした瞬間は、とても印象的でした。「先生も何かあった時のことを想定しないとあかんし、大変なんだろう」と冷静に思いながら、やっぱりすごく怖かったですね。

10時間ほどかかりましたが、手術はうまくいきました。色んな管だらけで、しばらくは何も食べれず、手術の前より後がむしろ辛かったですね。

入院していた病棟は、がんの患者さんも多く、亡くなる方もいました。ある時、同じ病棟の患者さんの手術が終わり、うまくいって喜んでいる家族の姿を見たのですが、次の日には病室のネームプレートが空になっていました。「これはおかしい。どう考えてもおかしい」と、病室の前を何度も往復し、フロア中、その方の名前のプレートを探し回りました。

亡くなったんですよね。手術が成功したのにもかかわらず。その現実を、なかなか受け入れられませんでした。

交通事故に3度遭いましたし、大きな手術も経験して、亡くなる方を間近で見る経験が、なぜかとても多かったんです。そのうち、「生きていることは色んな奇跡の積み重ねで、自分は生かされている」、と感じるようになりました。命のことや、生きる意味について考える機会が多く、自分の命を還元する先を見つけたいと思うようになりました。

自分の使命を探して

シェアして応援