僕は福島県で生まれ育ちました。
小学校4年生くらいの時に『キャプテン翼』を読んでサッカーに興味を持ち、すぐに好きになりました。

でも、当時の福島県は全くサッカーが浸透していなくて、習いたくても習う環境がなかったんですよ。
だから、小学校の時はソフトボール部に所属して、遊ぶ時に毎日ひたすらサッカーをやっていました。
とは言っても、ただ蹴ったりするだけで、キックの種類もろくに知りませんでしたけどね。

本当にサッカーが大好きだったので、将来は漠然とプロサッカー選手になりたいと思っていました。
また、当時はまだ日本からブラジルに行くような選手などいませんでしたが、

「中学を卒業したらブラジルに行く!」

なんてことも言っていましたね。(笑)

中学に上がってもサッカー部がなかったので、兄や父の影響もあり野球部に所属し、
野球を真面目にやりながら、サッカーも遊びで続けていました。

正直サッカー部がなかったのは寂しかったですが、
兄が進んだ高校にはサッカー部があることを知っていたので、
今は仕方ない、と割り切っていましたね。

だからこそ、高校でようやくサッカー部に入部できたときは、ものすごく嬉しかったです。

入部するまではサッカー部でも結構やれると思っていたんです。
ところが、思ったよりも5号球が大きくてボールが全然飛ばなかったり、
ちゃんとしたルールも知らなかったりと、何もできず悔しい思いをしました。

また、部活とはいっても顧問の先生もサッカーが未経験で、
教えてもらうことができなかったのでほとんど遊びのようなものでしたね。