神奈川県横浜市に生まれました。Jリーグに憧れて、小さい頃からサッカーをしていたのですが、小学2年生の時、親に勧められて野球を始めました。憧れのスターはカズからイチローに替わり、野球にのめり込みました。

2人兄弟で、兄はスポーツができて頭も良く、幼稚園の頃から「勝てないな」と感じていました。でも、野球の成績だけは僕がなんとか勝っていました。

周りから認められたいという願望もあったのかもしれないですね。兄へのライバル心というよりは、自分の存在を成り立たせる使命感がありました。「負けたくない」というのもあるんですけど、「負けたら自分はおしまいだな」という感じでしたね。野球だけは譲れないというか。ライバルというより、自分の方が野球は上だと思っていました。もう自分の存在意義です。「鈴木=野球」っていうポジションを周りに確立させなきゃと考えていました。

中学生の時、シニアリーグの全国大会で準優勝し、日本代表になり、世界大会優勝を経験しました。多くの強豪校からスカウトを受けた中で、甲子園には出場したことがない学校を選びました。甲子園常連校とも迷ったのですが、「高校1年から活躍して、甲子園に初出場。同校初のプロ野球選手に」というキャリアを積めたらカッコいいと思ったんです。

入学後、1年生から公式戦に出場し、2年生の時に県大会で首位打者になり、チームは県大会ベスト4。当時、学校創設以来一番良い成績を収めることができました。

ところが、3年生でチームのキャプテンになってから、全く結果が出なくなりました。3割以上打ったら良いバッターだと言われる中、打率は6分2厘まで落ちましたし、夏の最後の公式戦ではヒット1本だけでした。

自分の弱さが出ました。人をまとめることができない器なのに、チームのことを考え始めてから、個人のプレーに集中できなくなっていたんです。前年に公式戦で活躍して、周りからは「鈴木がキーポイントだ」と取り上げられていたこともプレッシャーでした。

正直チームのメンバーと仲が良くなかったと思います。周りに厳しすぎて同期からは、「鈴木はコーチみたいだ」と言われていました。同級生に見えないと言われたんです。苦しかったですね。メンバーとの関係性にすごいもやもやしてたんですよ。どう接していいか、もう分かんなくなってきて。1個上の代のチームだったら、先輩についていけば良いので、「次男坊が兄貴についていく」みたいな感じで良かったんです。それが、突然長男になって弟を引っ張らなければならないような感覚で。

どう接していいか分からないから、厳しくするしか出来なかった。メンバーの悩みとか相談を受けないで、「なんでこれができないの?」って言うだけです。優しい自分を見せられなかったんですよ。友達なんですけど、友達に見えてこなくて。キャプテンなんですけど、メンバー誰とも会話したくない、みたいな。

一個上の先輩たちと一緒に部活を引退したかったというのが正直な気持ちでした。