僕は大阪で生まれました。兄が喘息だったため、毎週末は家族で海の風に当りに行くことが多く、時間を潰すためにと、物心ついた時には釣りを始めていました。家族の中でも僕だけは釣りにのめり込んでいき、中学生になる頃には自分で自転車を漕いで海まで出て、本格的に釣りをするようになりました。

僕が住んでいたのは難波の地域だったので、海まで出るには1時間ほどかかりましたが、それでも月に何回かは海に行っていました。やっぱり大物が釣れると嬉しいんですよね。隣の人が大物を釣っているのをみると、「こんなのいるんだ」と、さらにやる気が出るんです。

そのため、将来は漁師など海に関わる仕事に就きたいと思っていました。そこで、高校も漁業や航海に関わる人が行く水産高校に進学することにしたんです。親からはかなり心配され、「地元の高校を出てから考えるのでも遅くないのでは?」と何度も言われました。僕自身、将来のことは漠然としていたので不安もありました。

ただ、勉強ができるわけでもなかったし、どうせなら「好きなこと」をやった方が結果も出るだろうと考えて、水産高校に行くことを決意したんです。そして、大阪には水産高校はなかったので、徳島にある高校に進み、寮生活が始まりました。

寮では上下関係も厳しく、かなり大変な生活が始まりました。また、水産高校の漁業科に来る人は、基本的にはみんな実家が漁師で、違うのは僕くらい。そのため、船をロープで止めるなど、他の人が昔から慣れ親しんでいることができず、風当たりはより一層強かったですね。

それでも、そういう世界だということは分かっていたし、ここで負けてしまったら根性なしだと思っていたので、辞めようとは思いませんでした。また、逆にここで耐性をつけておけば、将来どんなことが起きても大丈夫だろうとも思っていました。