情けない自分を変えたかった。
北海道最北端の島で見つけた居場所。

古賀 靖信さん/根付漁師

はてぶ

北海道の礼文島にて、漁師として生きる古賀さん。福岡で生まれた大工の息子が、なぜ日本最北端の有人離島で、漁師になったのでしょうか。お話を伺いました。

ネオン街に憧れる

福岡県久留米市の田舎町で生まれました。長男で妹と弟がいます。小さい頃はやんちゃな性格でした。少なくとも真面目ではないですね。ラジコンやらローラースケートをやったり、テレビゲームをして過ごしていました。

父が大工をしていたので、家は作業現場。中学生になる頃には釘打ちや工具運びなどを手伝うようになりました。自分でも何かを作るのが楽しかったですね。将来は父の仕事を継ぐと考え、工業高校の建築科に進みました。家庭教師についてもらったおかげで、自分の学力では受からないようなところに合格することができたんです。

ところが、学校には遅刻してばかりでした。勉強は嫌いじゃないんですけど、朝起きられないんです。中学時代の家庭教師が起こしに来てくれたりもしたんですが、ダメ。どうせ父の会社で働けばいいと思っていたので、2年で中退しました。

それからしばらくは、父の元で仕事をしました。職業訓練校にも通い、二級建築士を目指しました。ところが、18歳の時にくだらないことで父と喧嘩して、家を飛び出してしまったんです。

それからは久留米の市街地に出て、飲食店などで働きました。数年間久留米で過ごした後は、ネオン街に惹かれて博多まで出ました。電気屋で働きながら、都会的な暮らしをしていましたね。将来のことなど何も考えず、その時に心地良いと思うことをやっていました。

アルバイトで北海道最北端の島に

シェアして応援