1. >
  2. >

東京でも、新鮮な野菜を!
「商売人の家族」としての決断。

齋藤 利晃さん/産直野菜、木炭の販売

はてぶ

文京区で産地直送の野菜と炭の販売店を営む斎藤さん。東京で生まれ育ちながら北海道の大学に進学し、農協での経験を経て、実家を継いだ背景には、どのような想いがあったのでしょうか?

東京からの脱出

私は東京の練馬区で生まれ育ちました。

実家は大正9年から続く木炭を販売するお店を営んでいて、
中学生の頃から、冬になるとお店で祖父の手伝いをしていました。

ただ自分にとって、当時の東京は歩いている人のスピードもとても速くて、
今よりもずっとみんながセカセカしていて、荒々しくて、必死なように感じられました。
高校生になった頃から、そんな周りの状況が、

「もう爆発するのではないか?」

というくらいストレスでたまりませんでした。
今思えば、いわゆる「くだらない世の中に対する反抗期」だったのかも知れません。(笑)

そんな中、偶然学校で募集があり、アメリカにホームステイに行く機会がありました。
ホームステイ先の家族はとても自然が好きな人たちだったので、
一緒にキャンプや家庭菜園などをしていくうちに、
自然の持つ圧倒的なスケールやそこで流れる時間の穏やかさ、おいしい空気などに魅力を感じたんです。

東京と全く異なる環境に魅了された私は、進路を選ぶ際に、
「アメリカの大学に行きたい!」と志願してみたのですが、見事に却下されてしまいました。

ところが、たまたま親戚を訪ねて遊びに行った北海道で、ある大学を見学してみて、
アメリカで感じた穏やかな雰囲気に近いものを感じたんです。

その感覚を追い求めるかのように、私は見学した北海道の大学へ進学することに決めました。

大学で学んで知った第一次産業の魅力