振り付けとダンサーの掛け算が大きな火を生む。
バレリーナの先に見出した、表現の可能性。

関 あさみさん/バレエの振付家

はてぶ

バレエの振付家として、これから10年は勉強の身だと語る関さん。中学3年からのアメリカ・バレエ留学、現地のバレエ団でプロのバレリーナとしての活動を経て、振付家の道へ。表現を追求し続けた先につくりたいものとは。お話を伺いました。

バレエ漬けの毎日

札幌で生まれました。小さい頃から落ち着きのない子どもでしたね。鉄棒から落ちて肋骨を折ったり、スキーで木に激突したり、怪我が多かったです。注意力散漫だったのかもしれません、じっと座って勉強することも苦手でした。

好きだったのは、舞台や演劇などの非日常の世界です。母が舞台に連れて行ってくれて、ステージ上で繰り広げられることにわくわくしました。

3歳の時、母が近所のバレエ教室に連れて行ってくれました。見学だけの予定でしたが、先生に「ちょっとやってみる?」と誘ってもらいました。実際にやってみたらすごく楽しかったんですね、それからスタジオに通うようになりました。

ルールは厳しいし、トウシューズは痛い。けれど、決められたルールの中で、いかに挑戦していくかが面白かったです。週2回しかお稽古がなくて、「もっと練習したい」とずっと思っていました。

ピアノや水泳や習字も習っていましたが、生活の90%はバレエでした。バレエだけは、自分の中に理想像があったんです。テクニックも表現力も高い理想があって、とにかくそこに行きたい。先生の手の動きを自分もできるようになりたいとか、バレリーナの映像を見てこういうふうになりたいとか。

将来はバレリーナになりたくて、中学に入学した頃から、バレエで海外に行きたいとずっと言っていました。

中学3年の9月、海外からバレエの先生が来て、レッスンをしてくれる講習会がありました。プロに教えている先生から、直接指導を受けられるんです。東京まで受けに行ってみると、レッスンの内容が全然違いました。日本だと、生徒は先生に言われたことを黙々と実践することが多いんです。でもそのレッスンでは、先生のアドバイスに対し自分の意見をしっかり返すことが求められる。すごく刺激を受けました。

何より、その先生から「9月から、アメリカの学校においで」と言ってもらえたんです。「毎日バレエができる!」と思いました。迷いは全くなく、両親を説得し、学校の休学の手続きをして、英語を勉強し始めました。

留学を経て、プロのバレリーナに

シェアして応援