小さい頃から、ディズニーランドが大好きでした。
初めて行ったのは小学1年生の時、家族旅行のことでした。

存在自体は知っていたのですが、

「こんなところがあるのか!」

と驚きましたね。
特にシンデレラ城のツアーで、たまたま案内のお兄さんに選ばれて、
アトラクションの一環で、僕だけヒーローのメダルをもらったんです。

その瞬間、ここのお兄さんになろうと決めたんです。

本当にすごく嬉しくて、強烈に憧れたんですよね。

実家は岐阜だったのですが、それ以来、毎年必ず通うようになりました。
それに留まらず、自分なりに研究を始めるようになり、ディズニーを調べるのが趣味になったんです。
本もたくさん読んだし、オリエンタルランドの広報に問い合わせて、資料を取り寄せたこともありました。

「なんで?」と思ったことは全て調べました。
気づけば段々と経営につながっていき、ただのディズニー好きから、経営分析に変わっていったんですよね。

そんな背景もあり、高校3年生を迎える頃には、大学で経営を学びたいと考えるようになっていました。
ディズニーで働くという目的もあったので、東京の大学に進学することに決めたんです。