子どものころからスポーツが好きで、何でもやっていました。
少年野球に始まり、中学では陸上、高校ではバレーボールと本当に様々でしたね。

高校は単位制の学校だったのですが、選択授業がたくさんあって、好きなものを受講できたんです。
その選択授業の中に、普通の学校では珍しく、
「けがについて」とか「体のケアについて」というような授業があったんですよね。

そんな授業を受けていく中で、漠然とですが、
スポーツの勉強っておもしろいなと感じるようになりました。

進路選択の時期に、何となくのイメージでつぶしの効きそうな経済・経営系の学部も考えたのですが、
最終的にはスポーツ系の専門に進むことに決めました。

怪我などをせずに、如何にスポーツを楽しんでもらうかを学ぼうと考えたんです。
漠然とした関心に近かった気がします。