3社の会社経営を通じて「天下統一」を目指す。
貧困のため、夢を諦めた少年時代を越えて。

戸上 祐一さん/通信事業会社等3社の経営

はてぶ

通信回線の販売取り次ぎ事業・アフィリエイトのコンサルティング等、3社の会社経営をする戸上さん。「私利私欲の為」ではなく、周りや従業員の幸せを第一に考え、給与は社員の中でも一番低く設定しているそうです。主体性を意識し、日々勉強を怠らないよう努力をし続ける背景にはどのような思いがあるのでしょうか?お話をお伺いしました。

両親の離婚・スポーツ選手の夢を諦め、高校中退まで

私は京都で生まれ、すぐ東京に引っ越しました。東京都内を転々として、小学校2年生から世田谷区で育ちました。父親が病気となり働けず、世田谷区ではかなり珍しい貧乏人でした。食べる物さえ我慢をして、電気が止まってロウソクで過ごした日もありました。

家庭では辛いこともありましたが、学校では楽しく活発に過ごしてました。志村けんが人気だったこともあり、面白キャラで周りを笑わせるのが大好きな明るい少年でした。

しかし、私が中学校に進学するタイミングで両親が離縁し、母姉と3人の母子家庭となり、家計は益々悪化していきました。それでも、学校では辛い姿は微塵も見せず、スポーツに熱中し、空手や柔道、サッカーに夢中になっていました。特にサッカーは誰よりも上手かったです。東京都第2学区で選抜までいったこともあり、高校はサッカー推薦をもらっていましたが、家庭の事情から推薦での進学は諦め公立高校に進学することに。経済的な事情を理解していたので、推薦をもらっていたことは、母親にも言いませんでした。

10代で最年少役員、独立、年収3000万に

シェアして応援