福岡で生まれ、宮崎で育った九州男児です。興味を持ったものにはとことん熱中する性格でした。特に、新しいものには目がないミーハーな子どもでしたね。

実家が祖父の代から続く設計事務所だったので、自宅に当時最新のApple MacintoshⅡがあり、小学生ながらそのパソコンで円を書いたり色を塗ったりして遊んでいました。使い方をきちんと理解するまで遊び尽くさないと気がすまない性格でした。

設計事務所で扱う機器には興味があったものの、家業を継ぎたいという思いはありませんでした。特段やりたいことがあったわけではないのですが、「跡を継ぐ」ということに漠然と抵抗があったんです。

幼い頃から本を読むのが好きで、あるときたまたま、家にあった近代建築の三大巨匠であるフランク・ロイド・ライトを扱った本を手に取りました。一冊読み終わった後、関連する本を一気に読みあさるほど彼の生き方に惹かれました。

ライトは、「自分は日本に来て二つの型の人々を見た。その一つは全く物の心がわからない人、ソロバン勘定しか分からない人だ。その人たちしか見なかったら、私は日本に来たことを悔いたであろう。しかしまた、私は物の心の分かる人を見た。それで私の心は満足した」と言い、ポロポロ涙を流したそうです。

ライトは芸術家肌で、日本で帝国ホテルを設計したときも利益本位の資本家との間に、いろいろな衝突があったといいます。このエピソードを知り、ひとつの建物の背後には、必ず経済性と創造性が両立しているんだ、と気づかされ、父や祖父が設計した建物を見る目も変わりました。そうして、距離を置いていた建築に興味を持ち始め、建築学科を目指すことにしたのです。

第一志望だった建築で有名な東京の私立大学の入試には落ちてしまい、熊本の大学に進学しました。結果的には、住宅建築を得意とする先生に師事し、黒川温泉や川辺川ダムで有名な五木村の代替地計画に携わるなど、幸運な大学時代だったと思います。その教授や、熊本の建築家の先生の下、実際に3軒ほどの個人住宅の建設に携わり、だんだんと設計の道に進みたいという想いが強くなりました。

その後大学院へ進み、合わせて6年間住宅建築を学んだ後、職も決まらぬままに上京しました。片田舎で育ったので、とにかく一度東京で経験を積みたかったのです。実は学部在籍中に東京の設計事務所に応募していましたが、ご縁はありませんでした。そのため、院卒で再び応募しても通らないだろうと、一切就職活動はせず、とにかく上京してしまったんです。

上京当初は、工事現場や、飲食店などの仕事をしながら、親戚や友人の家を転々とするという生活を送っていた時期もあります。「当座はどうにかなっているけれど、このままでは人生が開かれないのでは」という焦燥感は常にありましたね。そんなとき、偶然眺めていたリクルート雑誌で、外資系の設計事務所が宮崎のリゾートホテルの再建プロジェクトスタッフを募集していることを知りました。

時代はITバブルで、東京などに外資系の多くの事務所が入ってきているタイミング。生まれ育った故郷のホテルの再建に、外資系の設計事務所という立場で携われる。これは面白そうだと、すぐに応募しましたが、新卒は雇っていないと断られてしまいました。それでも諦めきれず、一度でいいから会って話を聞いてほしいとコンタクトを続けていたところ、3カ月後に突然電話がかかってきたんです。「今何もしていないなら、来週から宮崎に行ってほしい」と。快諾して、宮崎に帰りました。