1. >
  2. >

生涯現役で、人生を楽しむための身体作りを。
スポーツマーケティングに込めた使命。

町田 雄太さん/スポーツ/健康メディア運営・バドミントン選手

はてぶ

スポーツや健康をテーマにしたメディアの運営を行うベンチャー企業で勤務する傍ら、バドミントンの現役選手として社会人リーグで全国大会を目指している町田さん。学生時代から個人事業主として活動し、大企業を経てベンチャーに飛び込んだ背景には、生涯現役のためのサポートをするというミッションがありました。

怪我の絶望と体育教師への憧れ

私は東京都練馬区に生まれ、小さい頃からスポーツに打ち込んで育ちました。1998年に横浜ベイスターズがシリーズ優勝したのをキッカケにリトルリーグで野球を始めたり、学校の授業で長距離走のタイムが良かったので地区の大会に出場したりと、活発に過ごしていましたね。幸いにも、中学2年の段階で野球・陸上ともに高校から推薦をいただくことができ、残りの1年で具体的な進路を考えようとしていました。

ところが、中学2年で身長が急激に伸びたこともあり、オスグッドという膝の病気を左右共に患ってしまったんです。最初はだましだましスポーツを続けていたのですが、中2の終わり頃には完全に悪化してしまい、長距離を走り続けることや、ひねりがある動き等ができなくなってしまいました。野球も陸上も続けられなくなってしまったんです。気分的にも落ちてしまい、学校に行くのも嫌で、何もしたくない気持ちになっていきました。

特に、スポーツで高校に行こうと決めて勉強をしていなかったため、スポーツを取ったら何も残らない自分に呆然とすることに。これからの人生をどう積み上げるのか、分からずに悩む日々が続きました。

それでも、中学の体育の先生が親身にリハビリに付き合っていただき、少しずつ前向きになっていきました。その先生は体育大学出身でケアの知識が非常に豊富で、体育祭で生徒と一緒に走っても圧倒的に早いような素敵な方で、すごいなという尊敬の念を抱いていました。

個人的に、運動の得意不得意で成績に差が出てしまう体育の授業に疑問があったからこそ、その先生のような人が増えたら、もっと体育の授業が面白くなるんじゃないかという思いがあったんです。そんな背景もあり、次第に体育教師に憧れを抱くようになっていきました。

また、リハビリの成果もあり、野球や陸上は無理だったものの、中学3年生の夏には、部員が足りていなかったバドミントン部の大会に出場することができました。最初は仲の良い友人が誘ってくれたからという理由で参加したのですが、1回戦で勝利を収め、2回戦で本格的に練習をしている学校に敗れてからは、バドミントンに対する思い入れが変わっていきました。力の差が歴然だった悔しさもあり、もっと打ち込みたいという思いがあったんです。

そのため、一般入試を経て埼玉県の高校に進学してからはバドミントン部に所属することに決めました。

トレーナーの活動がもたらした変化