自ら時代を創る意志を持った挑戦を、福岡から。
アナウンサーから福岡市長になり、目指す社会。

高島 宗一郎さん/福岡県福岡市市長

はてぶ

【another life. × 地域 スタートアップ都市福岡】福岡県福岡市の第36代市長として、新しい価値を創る挑戦が生まれる「スタートアップ都市」のモデルを、福岡から発信する高島さん。プロレス好きな少年だったという過去から、アナウンサーを経て福岡市長という現職に至るにはどのような背景があったのか。そして、どういった思いが高島さんを突き動かすのか、お話を伺いました。

プロレス好きな少年が、中東問題に関心を抱く

私は大分県大分市に生まれ育ちました。曾祖父がいつもテレビで見ていた影響で、小さい頃からプロレスが大好きで、学校ではいつもプロレスごっこ、自分が戦わない時は実況係を務めるほど熱中していました。

私自身、あまり運動が得意でなかったこともあり、強く屈強な男達が闘う姿に、とても惹かれたんです。そして何より、入場する中でテーマが流れ、その選手の人生に思いをはせ、感情移入しきったところに、選手名のコールが鳴り響く、そんなストーリーに強く魅力を感じたんですよね。

地元の高校に進学してもプロレスへの熱意は冷めず、プロレスに関する本なども読むようになりました。すると、ある時、『たったひとりの闘争』というアントニオ猪木さんの本に出会ったんです。ちょうど湾岸戦争の最中で、その本は、参議院議員を務めていたアントニオ猪木さんが、中東のイラクに、邦人の人質となっていた方を救出しに行った際の訪問記でした。

最初は、純粋にプロレスへの関心から本を手に取ったのですが、読み進めていくうちに、自分が知っている、テレビの報道で伝えられている中東の姿と、本の内容が異なることに疑問を感じるようになったんです。そこで、自分でも中東問題について、勉強してみることにしました。正直、高校では学校の勉強はほとんどしていなかったのですが、関心を持った中東問題に関しては、色々な書籍を読み、熱を入れて調べるようになりました。そして、次第に、自分の目で確かめてみたいという気持ちが強くなり、早く大学に進学し、実際に中東を訪れたいと考えるようになったんです。

そこで、卒業を控えると、指定校推薦で大学への進学を決め、上京することに決めました。

大学に入ってからやりたいことが明確だったこともあり、どの学校に行こうとあまり変わらないという思いもあり、なんとなく選んだような感覚でしたね。所謂「大学受験」を経験せずに、卒業・進学が決まりました。

中東を訪れて初めて意識した「日本」

シェアして応援