若者のためのプレミアムシティ・豊島区へ。
企業経営をしていた私が政治に取り組む理由。

小林 弘明さん/豊島区のリーダー

はてぶ

ご自身の元で働き、巣立っていった方のことを嬉しそうにお話する小林さん。企業経営時に力を入れた若者支援を、現在は政治家として取り組む先には、どんなものを目指しているのか。お話を伺いました。

先祖代々池袋で生まれ育つ

私の家は代々池袋に住んでいて、銭湯を経営していました。

小さい頃から両親共に事業で忙しく、夏休みやGW等の長期休みも家族旅行などにはなかなか行けませんでした。

また、世間が休みの日でも仕事をしている姿を見ていたので、
何かを自分で始めるということは、ずっと働き続けなければならず大変なことだと感じ、
あまり自分ではやりたくないという気持ちも芽生えるようになりました。

しかし一方で、私は長男でいつかは家業を継がなければならない立場だったので、
ジレンマを感じるようになったんです。

その後、高校は立教高校に通っていたのですが大学受験はせず、卒業後は家業の手伝いをすることにしました。
自分が継ぐ事業は学歴は必要ないし、家業を継ぐ前の若いうちに、色々な世界を見ておきたいと考えたためです。

そんな時に、海外に行っていた弟が日本に戻ってきて、弟が家業を継ぐことになりました。

これはチャンスだと思い、何かに挑戦しようと考えていた時、タイミングは巡ってくるもので、
結婚時に仲人もしてくれた兄貴的な方に、一緒にパソコン販売の事業をやらないかと誘っていただいたんです。

パソコンに関しては詳しくなかったのですが、
「これからはパソコンの時代が来る」と考えパソコン販売事業を、3人で始めました。

「人」「道」「金」

シェアして応援