ダンスを通じて子どもたちの可能性を広げたい!
コンプレックスの塊だった僕が見つけた役割。

中込 孝規さん/ダンスを通じて子どもの可能性を広げる






はてぶ

現在、世界一周をしながら現地で子どもたちにダンスを教えたり、撮影した映像を使って日本と海外の子どもたちをつなぐ活動をしている中込さん。そんな活動的な中込さんですが、以前は何事にも悲観的で、行動力もなかったそうです。どのようなきっかけで変わっていったのか、お話を伺いました。

憧れと劣等感

僕は3兄弟の次男として生まれ、埼玉県の熊谷市で育ちました。

父は工場を経営していて、何事にも厳しい人でした。ただ、夢を語りながら働く姿はカッコよく、「自分が作っているのはこの小さな電子部品だが、これを通じて人の笑顔を作っている。世界中の人を笑顔にしたい。」とよく言っていました。そんな父の姿に憧れ、自分も将来は父のような経営者になりたいと思っていました。

そして、僕は中学受験をしたのですが、兄が通っている第一志望の中学には合格できず、第二志望の学校に入学しました。兄の影響でサッカー部に入ったものの、1年ほどで退部。その後同級生に誘われて入った柔道部も最後までは続きませんでした。

兄は、勉強もスポーツもできて、女子にもモテる。
僕は、「何をやってもダメだ……」と劣等感が増すばかりでした。

また、認めてもらいたいという気持ちが強かった僕は、ズルをしたり、誇張して自慢したりする奴だったので、学校でいじめられるようになりました。

学校では顔をあげて歩くこともできず、体調を崩して体重は15キロ減少。内向的になり、どんどん殻に閉じこもっていくようになりました。

ダンスで変わる

シェアして応援