神奈川県に生まれ育ち、両親が教師という家庭環境だったこともあり、
小中学校からよく勉強をし、中学では学年トップをとっていました。

ただ、やらされている感覚があったこともあり、
地元の進学校の高校に入学してからは、すぐに、

「与えられて何かするということはつまらないな」

と感じてしまったんです。
自分の中で、強い目的があって勉強していた訳でないことに気づいたんですよね。

それ以来、何がしたいのかわからないのに勉強をしているのが嫌だと感じ、
授業に出なくなり、気付けば学年400人中397位という成績を推移するようになりました。

その分高校では陸上の長距離に打ち込んでいたのですが、
引退してからは勉強も陸上もなくなってしまい、「自分には何も目標がない」という状況になってしまったんです。
ちなみに高3の春の模試の偏差値は35という調子でした。

そんな折、陸上部の先輩から話を聞いて、多様な人に巡り会えるという早稲田大学に憧れを抱くようになりました。
先輩の話は聞いたことが無いような話ばかりで、シンプルに突き動かされたんですよね。

それからは、早稲田を目指そうと決め、志望校を一本に絞り、
半年間ひたすら勉強をしました。
もともと、目標が決められていると走ることができるタイプだったこともあり、
なんとか早稲田大学に合格することができ、社会科学部に入学することになりました。

大学に入ってからは一般的な「楽しい大学生活」という感じでしたね。
サークルを掛け持ちして授業に出て、日々友達と飲み、週末は旅行に。

そんな大学生活を経て就職活動を迎えると、正直社会のことがよくわからなかったこともあり、
あらゆる業界を見ようと、100人以上の先輩にOB訪問を行い、説明会も200社以上参加しました。

そんな風にたくさんの社会人や会社に触れる中で見えてきたのは、
自分にとって何をするかよりも、誰と働くかが大事ということでした。
そこで、最終的には、仕事をとにかく楽しみ、チャレンジしていこうというマインドに惹かれた、
リクルートエージェントに就職することに決めました。

また、就職活動で出会ったベンチャー企業で、自分と近い年齢の人が本気でビジネスをしている姿に危機感を抱き、
就職活動を終えてからも、ベンチャー企業でのインターンや複数の学生団体の運営等、
再び突っ走る日々を過ごすようになりました。