茨城県水戸市出身です。Jリーグの鹿島アントラーズのファンだった両親に連れられ、よく試合を見に行っていたので、自然と幼稚園のサッカースクールに通うようになりました。

小学校のサッカースポーツ少年団に入ると、2年生で6年生の試合に出場するように。運動はなんでも得意で、運動会もマラソン大会もすべて1番でした。クラスでは学級委員長もやっていて、先輩とも仲が良かったので、みんなにちやほやされて調子に乗ってましたね。何をしても許されると思っていました。

小学6年生のときには、サッカー日本代表の一つ下に当たるナショナルトレーニングセンターの合宿メンバーに選ばれたほか、県内の中学校のサッカー部、またはクラブチームであれば、どこでも自らの意思で進める状態でしたね。

両親には何をする時も、「自分で選びなさい」と言われていました。「やりたいのか、辞めるのか自分で決めなさい、あんたが決めるならそれで良いよ」と。自分自身で選択することを求められる環境でした。強豪校・強豪クラブもいいけれど、仲間とサッカーするのが何より楽しかったので、「この仲間と全国大会に出たい」と思って地元の中学でサッカー部に入ることを決めました。自分ならどこに行ってもプロになれる、仲間を勝たせることができると思っていたんです。

しかし実際は、そんなに甘いものではありませんでした。身体が大きくなるのが遅くて県の選抜からも漏れるようになって、チームもなかなか勝てませんでした。なんで強豪校・強豪クラブに入らなかったんだろうと後悔しましたね。それでも絶対にこのチームで県大会には出たいと思い、チームメイトに激しい言葉で厳しい要求をして、すごく練習しました。チームメイトは大変だったと思いますが、3年のときはチームとして初めての県大会に出場することができました。

高校は、県内の強豪校である鹿島学園高校に行くことにしました。勉強も好きで、進学校に入ることもできる成績だったんですが、もうサッカーでやっていくと決めていて。高校で全国大会に出てプロになろうと考えていました。

高校は寮生活で、一年目はすごく辛かったですね。先輩からの指導もあるし、掃除や洗濯も自分でやらなければいけませんでしたからね。自分みたいなお山の大将が集まってくるので、同学年の仲間と対立もしました。今までは周りが言うことを聞いて何でもやってくれていたのが、通じなくなって。そこで初めて、ちゃんと自分の思いを伝えて相手に理解してもらわないと人は動いてくれないということを学びました。中学校までは周りにはひどいことをしたなと思いましたし、考え方がかなり変わりましたね。

朝から晩まで練習して、2年生からはトップチームに入ることができました。ようやく3年生になり、自分たちが主力になりましたが、全国大会に出られなかったんです。チームは全国大会の常連で、前年は冬の高校サッカー選手権で3位になっていたこともあり、本当にショックでした。3年生の最後の試合で負けたときは、頭が真っ白になって、自分の今までのサッカー人生を否定された気がしました。

それもあって進学先の大学では、もうサッカーはいいから他の人達が楽しんでることを楽しんでみようかなと思い、サッカー部には入りませんでした。サークルの飲み会等一通りやってみたんですが、全然楽しくなくて。それで気づいたのが、サッカーに熱中している中で、たまのオフに遊ぶのが楽しかっただけで、遊ぶこと自体が好きだったわけではないということでした。本当に好きだったのはサッカーに打ち込んでいる自分だったんです。