昔から、好きなことに没頭するタイプなんです。一番最初に「ハマった」と思えたのは小学校の時に買ってもらったファミコンでした。当時は、夜寝落ちするまでファミコンをして、朝起きた瞬間に何事もなかったかの様に再開するって感じでしたね。サッカーチームをつくるとか、いわゆる「育成系」のゲームとかはすごくハマりました。

ジャンルは全く違うんですが、同じような感覚を持ったのが、大学時代のストリートダンスでした。もともと、何か自己表現がしたくて始めたんですよ。みんなで同じ振りを踊るのに、一人一人表現が違うし、圧倒的に目を引く人もいる。自分もそんな風になりたいと思ったのがキッカケでした。

大学時代は、もうずっとダンスの事ばっかり考えていました。うまい人のビデオをたくさん見て、とにかくうまくなりたくて練習してました。上達するのがとにかく楽しかったですね。

多分両方とも、成長してる感覚が分りやすく体感できたのが、ハマった原因だったと思います。

何かに没頭している時は、時間が一瞬で過ぎていって、自分の中ですごく濃い思い出になっていますね。