大学卒業後、大手ホテル/ブライダル会社と、社員研修や組織開発をおこなう人財系ベンチャーで、
法人営業担当として働きました。

両方とも人に恵まれ、情熱をもって働いていました。
2社目の会社を退職した後、次の外資系生命保険会社には、ヘッドハンティングで入りました。

保険営業は友達をなくす、という理由で家族からは反対されていましたが、僕にはその環境が魅力的に映ったんです。
働いている社員には熱気があり、いきいきしていたし、何より、生命保険は一生のお付き合い。
お客様と友人のような関係を築きたかった僕にとって、加入してから一生にわたってお付き合いできるという点にとても惹かれましたね。

数字にとても厳しい、競争思考の会社でしたが、一生お付き合いをするお客さんの事を本気で考え抜き、
仕事に全力を費やし続けたことで、高い成果を収めることができました。
お金の面でも不自由をすることがなくなり、表向きの生活は格段によくなりました。